プロフィール

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フォローで更新情報がわかります

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ヒーローとメンドク星人

先週遭遇した、ハプニングの話です。今日のハプニングつながりで。

しかし、こっちはもっと衝撃的で怖かった~。

荷物を満載して金沢に向かう北陸道で、道路に落下物!もう暗い時間だったので、よけることもできずに黒い物体を踏み前輪がバースト!すぐに路肩へ。

まずはとにかく何でも頼りになる友達の虎ちゃんに電話!

適切にこれからすること123を教えてもらい、深呼吸。

タイヤの状態を確認するために、注意深くクルマがと切れるのを待っていると、遠くから赤い点滅の車!

(赤い点滅の車に、私のところにきて!と願ったのは初めてでした。)

後でわかったことですが、どなたかが落下物の通報をされたそうで、警察車両とハイウェイパトロールが揃って程なく到着!

車をチェックしてくださりパンクしてることが判明。

保険会社に連絡し、レッカー車を待つことに。

警察のかたがたは親切に対応して下さり、レッカー車が30分でくることを確認して、「では、我々は帰ります。」

『ひとりで30分寒くて暗い高速の脇(実際ぶるぶるするくらい寒かった!)で待つのは心細いよぅ、、、、、』と涙ちょちょぎれそうになってたら、「我々はレッカー車がくるまで残ります!」とハイウェイパトロール!!

Oh, my HEROES !!!

私の車の後方でレッカー車がくるまで赤く光る棒を振って後続車から私と私の車ウィリアム(この場合、名前はあまり意味ないですが)を守ってくれました。

どれだけ心強かったか!

それにしても、あの環境で30分は長かった! ひとりじゃなくてよかった(涙)

やっとレッカー車が到着!

救いの神がもう一人来てくれたと、ほっとしたのは甘かった!

その場でタイヤをスペアに履き替えるのは危険ということで、次のインターまでレッカー車で移動することになり、ヒーロー達に見守られて高速道路を後に。

「 MY HEROES ありがとう!」

う~ん、長くなるのでヒーロー達のパンフレットの写真をそえて、後編に続く!






 BLOG TOP