プロフィール

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フォローで更新情報がわかります

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最後のパンチはよけられなかった無念のダウン!

今日も昨日の続きです。

第4ラウンドはたい焼きで有名なお菓子屋さん。
ここでは『自分で買いに行ってもらう』を何としても実行する強い気持ちで向かいました。

ここでの戦いは壮絶極まりなく、額から流血、目から涙が!ってくらいの激しいパンチの応酬になりました。(ってくらいで、涙はでそうだったけど流血はしていません、念のため。)
結局、私が負けました。涙を拭いて、一人で店内にたい焼きを7つ買いに行きました。
しばし人を避けて焼けるのを待っていると、なんと入口に父の姿が!!
「お父さん、来てくれたんだ!」この時は素直に嬉しかった。心が通じた気がしたんです。

短かったなぁ、このほんわかムードは。

第4ラウンドは私の完敗ですね。
そもそものこのプロジェクトが無謀だったと思い知らされたラウンドになりました。

そしてこの後は鳥やに向かいます。
鳥やは狭い道路に面した小さな店で、駐車スペースもコンパクト。
できるだけ短時間で混まないうちにすっと帰りたい、最も父と来てはいけない場所でした。
狭い駐車スペースに頭から突っ込んで、最終ラウンドのゴングが鳴りました。

こここそガラス越しに並んだ鳥のいろんな部位の揚げたのを、自分で見てどれを幾つと選んでもらわないと買えません。
適当に買って来いと言われても困ると言っては見たものの、ここで時間はかけられないと、仕方なく自分で買うことに。
っと思ったら、あれあれ?出てきた出てきた!ゆっくりと。

ここに来たのはほんとに久しぶりだったようで、ガラス越しの揚げ鳥に大興奮(笑)。
早くオーダーしてほしいのに、笑顔で「お~!お~!」と言うばかり。
こんなに父がチキンが好きだったとは!
無理やりでも連れてきた甲斐があったよ、よかったよかった、、、とは言っていられない!
早く注文しないと次の人が待っている~!!
お店の人も、手に持ったトングをカチカチ(とはやってないけどそんな雰囲気)。
もうゆっくりご要望を確認する時間もないので、ザクザク多めに注文完了。
「もたもたするなよ」的お店の人の心の声と後ろで待っている人の「早くしろ」的心の叫びにひやひやしながら袋に詰めてくれるのを待ってる小心者のサマンサ。と、ここでまさかの展開、「近所の○○さんちの分も買ってくれ。」

出ました、時間差攻撃!またもここで反則技です。

追加がこれとこれ、え?これじゃなくてこっち???それから袋を分けるだ分けないだーでお店の人をてこずらせ、すったもんだで大量のチキンを手に急いで(といってもゆっくり)車へ。


初めてきた場所だったので、帰りはナビで実家をセット。
後は帰るだけ、「こんなところに来たのは久しぶりだ」という父に、何とか連れてきてあげられてよかったと思った次の瞬間に、「なんで曲がるんだ!まっすぐ行けばいいじゃないか!」と罵声が飛ぶ車内。右折レーンに入ってからまっすぐ行けと言われても、そんなスーパーなテクニックは私にはありません。「私は道がわからないからこのナビの通りに帰ります」って、誰か父に伝えて下さーーーい。

「あー来るんじゃなかった。もう二度と乗るか!だまされた!!」と文句言いまくりの父と、『これが最後』と心に強く誓う娘。

やっと実家に到着して、家の前は駐車しにくい場所なので、5Mほど家の玄関を過ぎたところで車を止めて最後にほんの少しでも歩いてもらってちょうどいいと思ったら、最後の最後に父渾身の一発、炸裂!「なんで玄関の前に止めないんだ!!歩かないといけないじゃないか!!!親切心のないやつだなーーーなんて奴だ!」

「親切心のないやつ」
この言葉に、不肖の娘、ついにノックダウン。

かくして父を買い物に連れ出してのドライブは、戦いの2時間で、苦いものが胸に長く残る最後のドライブとなりました。

父に頼まれたわけでもなんでもなく、無理やり連れて行ってお互いに嫌な思いをしただけ。自分でパンチ浴びに行ったようなものでした。でも、一度はしてあげたかった、娘の勝手な理屈です。もう二度としないから、お父さん、安心してください(笑)。

母と姉と叔母が家でその2時間を楽しく過ごしていたことだけが救いでした。
帰ってきたときに「早かったね。もっとゆっくり行ってくればよかったのに」にはむっとしたけどね(苦笑)。







 BLOG TOP