「下ノ畑ニ居ります 賢治」 賢治さん、母は2階です。

片付けのついでに、階段の安全性を高めるためにホームセンターで買った「スベラーズ(川口技研)」という階段のすべり止めを取り付けました。接着テープが付いているので裏紙をはがして貼るだけです。

階段の滑り止め

これ、たいして期待していなかったけど(失礼ながら)、貼ってみたらめちゃくちゃヒットでした。ちょっとクッション性もあって、階段を降りるときに滑りそうな不安感が払拭されました。足元が安定します。色はこげ茶もありましたが、段差をしっかり目視できるようにあえてベージュ色を貼りました。
 ちなみにセットで販売していたものを買ったのですが、一段分足りず、その分は必要枚数の追加販売可能で、切手で代金を郵送したらあっという間に送ってくれました。

この階段を、リフォーム前は心臓に持病のある母と膝の悪い父が毎日昇り降りしていました。それが運動になっていたということも言えますが、何事もなく一階寝室に移行できてなによりでした。今、父は2階へいくことはまずなく、母はたまに探し物に行く程度。母がいないと大きな声で「2階にいるのかー?」と叫ぶ父。これ、困るんですよね、何か作業をしているときはすぐには立って動けないこともあり、どんなに大きな声で返事しても聞こえないので。

母の趣味スペースを、道具も材料も完備したものが一階にできればよかったのですが、それは叶わずでした。一階に頻繁に使うものは置きましたが、どっぷり手芸を楽しむのは2階にとなりました。そうなると呼ばれるたびにいちいち階段まで行くのは面倒なので呼ばれない対策を練りました。私の知識と能力を最大限発揮して作成した対策看板がこれ!↓

2階にいます

活用されるのか疑問ですが、シンプルでわかりやすいです(笑)。ちなみに「2階」という部分は、「畑」「蔵」など他のバージョンも完備です。

それから、昨晩姉から最後の仕事が終わったと連絡がありました。
実は私が帰った後も、コツコツとこの作業をしてくれていました。
それは障子張りです。

父が寝室として使っていた時に、信じられない話ですが、「外が見えない」と穴をあけたようです。障子が破れた光景は、荒廃した感満載でした。まぁ、その部屋に畳が見えないくらいものが置かれていたのですから荒廃もなにもないのですが。

障子

それがどうでしょう!この整然とした姿!感動です。
眩しすぎるよ、この写真!

「一階だけ快適に」を合言葉に実行したリフォームが、2階もこんなにきれいに片付けるモチベーションをくれました。
リフォームの威力、計り知れません!




sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR