お二人との別れ

LAのインテリアデザイナーの大先輩のジャックが、今月に入ってお亡くなりになった訃報が届きました。
95歳のバースディパーティーにLAの自宅に伺いましたが、それから早8年、103歳だったのかな。

朝食はオートミール、朝のウォーキングをかかさない、健康に気を配って何事にも好奇心旺盛で、私のつまらぬ仕事の悩みを聞いてくれたりほめてくれたり、とってもインテリアデザイナーとしてのステイタスの高い方なのに、同じ目線で接してくれる、心優しい方でした。毎年アジアのどこかの国に一人旅して、面白い写真をクリスマスカードにして送ってくれる、遠い存在のはずなのに、気の置けない友達のように気さくな方でした。

ジャックさん、お別れは遠くない日に訪れるだろうと思っていましたが、逝ってしまうととっても寂しいです。
ジャックさんからいろんなことを教わりました。感謝の気持ちでいっぱいです。


それからもうお一人、悲しい知らせがありました。
実家の電気工事を担当してくださっていた方が、大みそかにお亡くなりになったと。
工事が終わった後も追加でもろもろ見てもらった関係で、とってもお世話になった方でした。
治療にJRで遠方の病院に通っているので、実家はJRの駅前なのでその帰りに途中下車して残工事をしてくださったこともありました。
まだ40代かな、無念だったろうなと思います。
でも、あんなに素敵な方だから、ほどなく新しい生を受けて、きらきらと輝くだろうと思います。


sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR