リフォーム後の80歳の誕生会

母が来週80歳の誕生日を迎えます。
還暦もそれ以降も皆でお祝い会をすることなどなかったから、今年はリフォームを終えた新居で誕生会を!と、リフォーム中から馬のニンジンのように完了後の目標にしていました。親戚の叔父叔母をお誘いしての、かなり大人の誕生会。お誘い役は叔母にお願いして、私も前日から実家に帰って準備です。

11人の誕生会、6人掛けのテーブル席と座卓席に分かれていいことにすれば、余裕で座れます、よかった。

光子さん80才!誕生会_181110_0051

昼食会なので、食事は母担当。「何か美味しい仕出し料理を頼もう、大変だし。」という母に、「料理好きなんだから自分で作ったら?元気なんだから。」とスパルタな娘(笑)。その上、「小さいころ食べていた懐かしいものをつくったら?」とハードルを上げる娘。

「そんなこと言っても、昔は何もなかったよね。畑にあるお芋とか豆とかしかなかったよね~」と叔母(妹)と話す母。

そんなこんなで、お寿司をとって、サイドディッシュを母と叔母が作ることに。

サイドディッシュ?

もちろんお芋の煮物と煮豆などなど。いいんです、こういうのが。煮豆は母の実家で食べた思い出の「落花生の煮豆」。

落花生の煮豆

小皿に盛り付けてテーブルに並べたら、ステキな食卓になりました。

光子さん80才!誕生会_181110_0030

さて、お客様が到着したら、まずはハウスツアー。一通り見ていただいて誕生会スタートです。
食事の前に、父が皆さんに挨拶してくれました。

これが、史上最高のスピーチだったなんて展開を、誰が予測できたでしょうか!?
笑顔で、時に目じりをハンカチでおさえる叔母たち。今まで温めておいた母への感謝の言葉。想定外の想定外!名言を忘れないために書き留めます。

今日は来てくれてありがとう。
(母は)祖母の介護をしてくれた。本人の心臓が悪くなるほど本当に大変だった。6年間、6年間も、大変な介護を一人でしてくれた。本当によくやってくれた。
そして今、夫婦でこの年まで健康でいられることが一番幸せなことだと思う。

あんまり想定外すぎて、それからもちろん感動もあって、これくらいしか覚えていません。
やるじゃん、お父さん!

皆をお誘いして集う場を設けるのは面倒なこともいっぱいあるし、お誘いして迷惑じゃないかなとか楽しんでもらえるかなと気も使うけれど、普段は出会えないとびきりの笑顔や素敵な言葉に遭遇できるから、やっぱりやってよかった!!って心の底から嬉しいひとときでした。

ステキなお花をいただきました。
家が華やぎます。

光子さん80才!誕生会_181110_0012

光子さん80才!誕生会_181110_0001

お土産のクッキーをパティシエの卵のMちゃんに依頼。
これも秀逸な出来で大満足!話が盛沢山過ぎて、この回、次回につづく!です。
sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR