停電と最後のお願い

実は、引っ越しの二日後の夜から台風の影響で停電でした。
翌朝早く起きてまだ復旧していなかったので、とりあえずコンビニへ。充電器と食料を確保。これで一安心。私がいる時でほんとよかった!
でも、あんなに長く停電が続くとは。電気が復旧したのがもう暗くなりかけた午後5時でした。この間、橋の上でトラックが風で横転したり、信号がついていないために事故が起ったりで、道路も渋滞。帰るつもりが足止めに。

停電が復旧してからの住設機器の設定なんかで混乱するだろうなと、停電が復旧するまで居残ることにして、家の片づけなんかをして過ごしました。引っ越し前後で思っていたより随分長く滞在することになりましたが、結果的に必要な時間でした。『引っ越ししてとりあえずのものが収まれば後はおいおいで』程度に考えていましたが、アラ80の両親を新しい生活のレールに乗せてあげるって期間が抜けていました。新しい暮らしには、新しい設備が備わっており、それは極力最新でないもの、操作が簡単なものを選んでいますがそれでも両親にとってはピッカピカの最先端なわけで。

例えば、玄関ドア。ソフトクローズ機能がついてます。軽い力で開け閉めできて高齢者に便利ですが、そんな動きをするもの、前の家ではなかったですからねぇ。強い力で閉めようとするのもよくないのでと業者さんに教わって、これをしつこく説明しました。それから鍵。今までシャッターとアルミサッシだったわけで、鍵のある玄関ドア自体、なかったんですから。インターホンももちろんニューカマー。謎の生物を見るような目でインターホンのモニターを見ながら説明を聞く母。私自身、実家の生活では、近所の家に「おばさーん」とがばっと玄関を開けて入れた方がしっくりきます。インターホン越しに会話してから玄関ドアを開けるっての、田舎にはしっくりこない感はありますね。

キッチンはガスレンジ、換気扇、浄水器付き水栓とハードル高そうでしたが、使用頻度も高いので、問題なくクリアできました。実家の場合、よかったのはIHでなく使い慣れたガスコンロにしたこと、それからこのコンロも二口の一番操作が簡単で表示のわかりやすいものにしたこと。日本語で字が大きいってありがたい!
ちなみにリンナイのセイフルという商品です。
https://rinnai.jp/products/kitchen/gas_conro/gc_safull/safull_point
仕様はダウングレードですが、汎用品の標準設備からイレギュラーなものにかわるのでコストは上がりました。それでも違和感なく初日から使えたので大正解だったと思います。停電でも水とガスは問題がなかったので、まだ慣れないこの時期の停電という事態に比較的ストレスなく過ごせたのもよかったです。

鍋をのせないと火がつかない、点火消火、火力の強弱が教えられなくても見ただけでわかります。
隠れたボタンの中にもう少し複雑な操作も実はあるのですが、一切ここを開けなくても普通の使い方はできるので、ほんとにシンプルです。何も教えていない父も、自分で味噌汁をあたためていました。

一番の難関は、ガス給湯リモコン。お風呂の操作。
アパートのお風呂が簡易な音声お知らせ機能があったので、準備体操ができていた感じではあったのですが、苦手意識が邪魔をしているようで。シャワーを手元で止められるボタンは高齢者に便利だろうと採用しましたが、自分が使ってみて「あれ?シャワーが出ない!」って一瞬焦ったのでつけないほうがよかったかなと思いきや、問題なく使っているようでした。

さて、停電の最中は、寝ているか、起きてくれば「静岡県はなにをやっているんだ!」「まだ復旧しないのか!」と、文句しか言わない父に辟易。新しい時代が来たかと喜んだのもつかの間、共和国に陰りが、、、。
 通所リハビリの日だったので送迎車が来るはずが、トラック横転で道路が大渋滞となり結局本日お休みとなったのですが、まわりでどんなことがおこっているのかわからず休みになったことに文句を言い、耳の遠い父に何度もトラックが横転したと説明してやっと通じると今度はトラックに対して文句を言い、何も悪くない母は停電のせいで(というか停電でなくてもですが)言われてもどうしようもない文句を言われ、「新聞はまだ来ないのか!」(注釈:取ってこいという意)と母に言いたいことを言い、時間が経つにつれ最悪の気分でした。

そんな夕暮れ時、突然ついた部屋の明かり。もう一日滞在かと思っていたときについた明かり。嬉しかった!そして思いました、「帰ろう!」。

リセットされた住設の設定のチェックをして、帰り支度。
帰ると聞いて一気に不安そうな顔になった母に躊躇いましたが、もう父の言動に耐えられなった!
そして、今までの思いが爆発しました。

母は元気ですが、不整脈があり無理をさせたくないという思いがあります。父は膝が悪く、ゆっくりしか歩けません。立ったり座ったりも相当大変なんだろうと思っていましたが、引っ越してきてからの様子を見ると、私が思っていたほどでは実はないのだなと感じていました。これはほんとは嬉しいことですが、自分が自発的にすることはなんなくこなして、面倒なことは母を使って文句だけ言うという、そういうことか!とわかってしまったら、帰り際に自然に『刀』を抜いていました。

「お父さんが年を取ってからだを動かすのがしんどいのはわかるけど、お母さんも今年80だよ。心臓も悪い。自分だけが年取っているわけじゃないよ。私も悪いけどずっとはいられない。お母さんはお父さんの召使じゃない。お父さんが汚したトイレの掃除をお母さんにさせるようなことはしないでほしい。座れるんだから座ってしてほしい。一生懸命お父さんとお母さんが住みやすい家になるように頑張ったけど、「ありがとう」の一言も言われなかった。風呂にも入ってもらえなかった。汚い実家がつらかった。やっと帰りたくなる実家ができたと思って嬉しかったけど、そうではなかった。掴みかけたけど手の先から離れて行ってしまった。」最後は選挙戦の最終日の候補者のような、涙涙のお願いとなりました。いろんな思いを涙と共に吐き出して、怒りとむなしさと悲しさとでやっと点いた明かりが目に染みる夕暮れでした。

父は最初は笑っていました。必死で話しているのに笑っていることに、涙がでました。事の重大さにやっと気づいて、「トイレは座ってする。そのほうが運動になるからな。」と言いました。そんなことより、母を大切にしてほしい。それからやっぱり父のために悩んで考えてやっと完成した家に対して、一言でいいから「よかった」とか「ありがとう」とか「快適になった」とか、言ってほしかったという思いが私の中であったんだろうな。

両親が緊張感半端なく見送るパンチのかなり効いた出発となりましたが、道中、母から電話できいたと叔母からラインがありました。叔母の優しい言葉に涙が止まりませんでした。こういう時は、ハーゲンダッツ!頑張った自分へのご褒美。ハーゲンダッツと共に久々に帰った我が家は一歩入っただけで優しく包まれるようなあたたかさがありました。やっぱり家っていいなぁ、救われます。

さて、最後の涙の訴えがどの程度効いているか、これで効果がなければもう術はないなと思いながら、もう少し私にいてほしかっただろう母を心配する日々。姉に一部始終をラインで伝え、「その気持ちわかるよ。私も泣けてくるよ。」と言ってもらえて同じ環境をわかっている姉がいてよかった!

リフォームって工事が終わって引っ越ししたら終わりじゃないんですね。実家リフォームブログ、なかなか終わりません(笑)!





sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR