ばんざーいシスターズと女子高の友

バンザイ母とやすえさん


バンザーイ!ついにリフォーム完了して仮住まいから生還です。
玄関前でばんざーいの母と叔母。
カメラのシャッターが涙できれません~!!!ってくらいうれしかったです。
5か月弱前、蔵の前の母のバンザーイ!を見て、もう一度このバンザーイを見ることをゴールにがんばってきました。
あーその日がやっと来たーーーーーっ!!!

仮住まいからの引っ越しが、雨続きのなかの貴重な晴天日に当たりました。
雨でできなかった外回りの工事や最後に予定していたインナーサッシの取り付けなどもありの、久々に職人さんたちがたくさん入ってくれてあちこちで作業をしている状態の中の引っ越しとなり、チョー忙しいビッグディとなりました。

前日にアパートの荷造りを終え、本日9時から業者さんの荷運びスタート。
実は、引っ越し業者の手配を甘く見ていて一週間前に問い合わせたら、数ある引っ越し業者にことごとく断られました。
月末は引っ越しも多いのでしょう。どうしようかと叔母に話していたら、おもむろにスマホを取り出して一言、「静岡 引っ越し」。
音声検索です。一番上に出てたのが『助っ人マン』という名の便利屋。
「助っ人マン?面白い!電話してみるね。」という経緯で、引っ越しもする便利屋さんの車が確保できました。ここでも叔母、ファインプレー。

軽トラで往復して運び、帰りは不用品を乗るだけ引き取って帰るという便利屋さんならではの引っ越しとなりました。
これ、結果的に正解で、廃棄の手間を大幅に省くことができました。私の思う「車一杯分」は、便利屋さんの言う「積載荷重での一杯分」と大きく乖離があたようで(笑)、「これ以上は無理です~」となっちゃったけど。

両親はこの日、かかりつけの医者の予約日で、それは好都合と予定通り行ってもらい、その間に無事荷物を運び入れることができました。医者からアパートでなく家に帰ってこれた父は嬉しそうでした。父のリアクション、行動については追って書きたいと思います。

段ボールを開けて片付け作業をしていると、裏口から声が。
駿河エレガントのおばさん?おじさん?ではなく、母の高校時代の友人でした。(駿河エレガントのおばさんとおじさんは、もちろん引っ越し作業前の早い時間に「できてよかったね~」と顔を出してくれていました。)
母の友人が、昨日までは仮住まいにいたなんてことは知らずに、新米を持ってきてくれたのでした。見慣れたお店の外観がなくなって、裏口にまわってくれたのでした。しかし、なんと、絶妙なタイミングのお客様第一号です。
「どうぞどうぞ玄関から上がってください」と招き入れ、さっき届いたばかりのテーブルで女子高トーク。50代の私もそうだけど、年はとっても気持ちは高校時代と同じなんだよね、79の母も。母の友達が訪ねてくれて楽しく過ごせるような家にリフォームしたいと思っていた、まさにまさに今、それが目の前で実現しています。古いやかんを助っ人マンに渡しちゃったから、とりあえず、、、小鍋で湯を沸かしてお茶を入れながら、「あ~よかった!」とうれしさがこみ上げました。
母とひなたさん

母は友人に嬉しそうに家を案内して、そんな光景を見ると苦労が報われる思いです!

この後叔母が作ってくれたおでんと頂いた新米で初夕食。
人が集えるように150センチのダイニングが置ける居間にしました。最高のおでんの味でした。
おでん

sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR