タイルタイルタイル

工事もいよいよほんとにあとわずかになりました。

予定より盛りだくさんになった分工期は約一か月伸びて、できるだけ早く終わりたいと思っていましたが、ここまでくると名残惜しいような、不思議な気持ちです。K建築さんが来てくれなくなるのがとっても寂しく感じます。何かあっても来てくれているうちは何とかしてもらえるという安心感がありました。こんな気持ちになるのも施主になって初めて感じたことでした。いつもの施工側の立場では、工期が伸びるとお客様に申し訳ない思いで、できるだけ早くいなくならなければという思いでしたが、もしかしたらコーディネーターが現場に出入りしてお客様と関わっている期間を快く思ってくださっていたのかもしれないなと。それから、工事が終わった後も、何かあってもなくても来てほしい、忘れないでいてほしいと思う気持ちも今私が強く思うように、お客様も思ってくださっているかもしれないなと。←あれ、これ超ポジティブなコーディネーターでしょうか(笑)。とにかく私がどうかは置いといて、「工事が終わってもどうか引き続きよろしくお願いします!」という気持ちです。まだ終わっていませんが(笑)。

さて、仕上工事のメインイベント~、赤コーナー~、タイル工事~!
できていました。感激しました。洗面カウンターの立ち上がりにちょっとだけ丸いレトロなモザイクタイル。リクシルのタイルです。
タイル洗面

こちらはキッチン。キッチンパネルはコンロまわりだけにして、壁をタイルに。よく見ると和柄の地模様が数柄あり、無地タイルの中にとびとびに配置されています。こちらもリクシルのタイルです。タイルの真ん中にあるのは棚板。調味料などをのせる棚を一段造作しました。
タイルキッチン

これはトイレの手洗いまわりのタイルです。これも七宝風の形状のタイル。名古屋モザイクのタイルです。形がきれいなので色は付けず白にしました。
タイルトイレ手洗い

っと、タイルが貼られた場所をぐるぐる回って「あ~やっぱりタイルっていいなぁ。貼ってよかった~」とまた一回り。日が暮れたら照明を付けてまた一回り二回りと、エンドレスな楽しさです。

タイルと言えば、こちらも無事定位置に帰還。写真で見るとものすごく汚い感、ありますが、慣れ親しんだものだからか元に戻って嬉しい!ブロックを積んだ上に乗せただけの前と同じ造りですが、外流しが使えるようになってホントに便利になりました。
水道屋さんがバケツが使えるように水道の蛇口を選んでくださり、ついでに「レバーハンドルになる?」というリクエストに、ばっちり答えてくれました。プラスチックのレバーハンドル、このチープな感じも意外に好印象(笑)。100%実用目線で軽くて使いやすい!最高です。
外流し
外水栓


sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR