一夜明けてなんときれいな!

腕が筋肉痛!という友人の山ちゃんと一緒に、昨日壁塗りを終えた現場へ。

うーん、昨日で終わってよかった!
気持ちが軽いです(笑)。

家の中に入って思わず叫びました。
「きれーーーい!」
二人で自画自賛の嵐(笑)。
午前中の爽やかな太陽光に照らされて、白い壁が輝いています~。

『欧米か!』って突っ込まれそうなリアクションの大きい二人。
でも、これって自分たちで塗ったから味わえる感動です。

一回りして、二度塗りしていないところや塗り忘れている細かいところを発見。
「ちょっとだけ、やりますか!」
おもむろに作業着に着替え、おばさん塗装屋に変身!

「ローラー使いが昨日よりスムーズになってきた!」と山ちゃん。
壁塗り大会やまちゃん

「壁塗りと聞いてこれは絶対いると思った!」と頭に巻く手ぬぐい持参。形から入ってすいすいと要領をつかみ、指導に来てくださったIさんが連れてきた弟子か?と思わせる仕事ぶり。二日目で何か、つかんだ様子です(笑)。

とそこに、「おうちの方、いらっしゃいますか?」と玄関から声が。
「敬老の日のお祝いを持ってきました」
静岡市からなのか、よく分かりませんが、お米5キロのプレゼント!二人分で二袋。

ひゃ~、粋なことしますねぇ。
かつて祖母が『祝長寿』とか刺繍されたタオルを頂いたことを思い出しました。お米の方が、百倍嬉しい!。

そんなやり取りをしていると、母も現場に登場。
昨日の疲れを感じさせない79歳、すごい!
せっかくだから、母の昨日の雄姿も紹介します。
壁塗り大会母

こんなやり取りをしながら作業しました。
「こんな感じで大丈夫???」
「お母さんが今塗っているところは洗濯機が置かれて何も見えなくなるから安心して塗って」
「あ~そう!(笑)」

さて、素人がマンパワーで力を発揮できたのは、黙々と働くこの方たちのおかげでした。
壁塗り大会かのうさん

壁塗り高所

大工さんと塗装屋さんです。
天井や高いところはこのお二人と指導に来てくださったIさんが塗り進めてくれていました。私たちは手の届くところを手分けして追って進んでいけばよかったのです。

塗装屋さん、今日も来て、外部の仕事をしてくれていました。
壁塗り体験でぐっとシンパシーを感じるなぁ、師匠!日曜日なのにありがとう!

おばさん塗装屋の相棒の山ちゃんを見送って、午後から現場の片付けと掃除作業。壁塗り大会開催で現場の工程的には余計な作業もあったわけで、養生のごみの片付けや私が持ち込んだものの撤収、床の掃除なんかができて、とりあえずホッとしました。

さて、工事エリア外の2階ですが、一部だけ修繕工事でボードを張り替えました。この天井と壁も昨日塗り終えていました。
壁塗り2階
残った壁はベニヤ板貼りで、埃やなんかで相当汚れていました。水拭きすると、おそろしいほど雑巾が真っ黒に!母と二人で50年の汚れを三度拭きして一掃。

一階がきれいになればなるほど目についてくる2階の既存部分。
これ、きっと『リフォームあるある!』ではないでしょうか?
使用頻度が低くコストの問題もあるので手を付けないことにしましたが、『ついでにサッシの掃除だけでも追加で頼もうか、、、』とか、心は揺れていました。
でも、汚れていた壁をきれいに掃除して、『少しづつ自分たちで掃除していけばいい』と思えました。

今週は最終工程。トイレ洗面カウンター取り付け、タイル工事、床のタイルカーペット貼り、インナーサッシ取り付け、建具取り付け、、、。
外部のファサードも最終仕上に。
もう少し居残って、段取りの確認して帰りたいと思っています。






15371882890.jpeg
sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR