再度シートに覆われます



もう工事も佳境と思いきや、外部がシートで覆われました。
やらないはずの外壁塗装、どうせなら今!とやることに。
破れかぶれ的な(笑)、でも、きれいになるのがうれしくて、範囲外と決めたところもきれいにしたい気持ちになります。

内部は手すりが取り付けられ、クロス工事が始まっていました。
972.jpg
ここ、超コンパクトな脱衣室です。
脱衣室は、かつては洗面カウンターとSKシンク、洗濯機があり、ホントに狭いスペースでした。洗面機能と洗濯機を外に出して、椅子に座って脱ぎ着ができて、下着やタオルを収納する家具を置く予定です。

971.jpg

神棚の雲板は、以前使っていたものをそのまま使います。もう取り付けてありました(左上)。
それから、前回打合せした場所に手すりが付いてました。縦手すり、横手すり、場所に応じて付けられるところは取り付けることに。
なくても大丈夫でも、あると便利です。特に、横手すりはタオルをかけたりできます(笑)。

既製の手すりはブラケットがプラスチックで少々残念な質感ですが、使い勝手と価格の面で、やっぱりこれに落ち着きました。しかし、玄関は、なにか、そうでないものをつけられないかなぁ、、、、、、、、なにか、造作でできないかなぁ、、、、、、、私は考えたけど、こう作ってという具体的なものはでてこないのだけど、、、、、、、、。と前回言い残して現場を去ったのでした。

ジャーン!!!
973.jpg
K建築さん、いい仕事してます!いいですねぇ、桧の材で作ってくれました!嬉しい!生地を殺さないようにクリアを塗って仕上げます。

仕上げ工事に入るとテンション上がりますね。そうそう、今まで現場のBGMはラジオのFM放送でした。今回現場には、なんと、オペラのアリアが。雰囲気、全く違いました(笑)。あまりのふり幅の大きさに大工さんに尋ねると、「あ、これ、クロス屋さんの選曲です。」なるほど。趣味がいいです(笑)。

そんなクロス屋さんが貼っているのはルナファーザーという、ドイツ製の塗装下地の紙クロス。紙に木の細かいチップが入っていて、調湿効果が期待できます。施工性はビニールクロスに比べてかなり悪いので、アリアで自分の世界に入り込んで、集中して作業して下さっているものと思われます!感謝です。

 昨日、久々に叔母が現場に来てくれたそうです。「いいですね~と入ってきて、にこにこと携帯でパシャリパシャリと写真を撮っていった方がいたんですけど、なんとなくお姉さんに似てる感じがしたんで叔母さんですか?」と大工さん。それから、「近所のおじさんはいつも勝手口から入ってきて、「できてきたねぇ」と言って、玄関から出ていきますよ」「回覧板を回す経路に中を通っていくみたいです(笑)」「自由ですね~」。これは駿河エレガントのおじさんです。こういうあたたかい皆さんに支えられている静岡の実家です。

現場からは、以上です(笑)。


sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR