親父改造とお疲れ様でした自販機

前回実家に帰った時に、父に靴を買ってほしいと新聞の折り込みチラシを渡されました。
20180807_213913.jpg

『靴かぁ、、、。本人が履いてみないと難しいなぁ、、、』 正直、面倒なことを頼まれたと思いました。だいたい面倒なことしか頼まれないのだけど。
家族の反対を聞かずにいまだにハンドルを握ってるので、、、「自分で買いにいったほうがいいよ」と、言いかけてやめました。
父が運転するのは息子のラーメン屋に昼時にラーメンを食べに行き、その帰りにスーパーによって自分の食べたいものを買ってくるという決まったルートなので、下手にそのルートから外れることをさせるのはリスクが高いと思ったのと、お店の人とのコミュニケーションや少なからず歩いて回ることに不安があって私に頼んだのだろうと理解したからです。

なぜかこの手の靴やに行くのが好きなので、それならリハビリの先生たちから「かっこいいですね!」と言われるようなの買ってあげよう!とLAに戻ってからさっそく買い物に。(㊟LAは千葉の略です!)
ジャーン! いろいろ迷って買ったのがこれ↓
ナイキシューズ返品

チラシと同じものはなかったけれど、同じナイキで、それよりかっこいい系を狙いました(笑)。
ついでにシャツとパンツもシマムラで調達!(ここはNGも想定してコストのリスクヘッジ)
いざ実家へ。

買ってきたものがサイズが合うか着てみてほしいのに袋に入れてしまっておきたい昭和一桁、すったもんだの末、やっと試着。
父しまむらファッション

背筋を伸ばしてパシャリ。いいじゃないの~、若々しいよ~。

、、、と言いながら、気付かされました。そうだったか!ただ、若々しければいいってものではなかったか!と。
脱ぎ着のしやすさ、あんまりジャストサイズだと、かっこいいけど大変でした。それからファスナーって安物だと高齢者は四苦八苦。やっぱり履きなれた昔から履いているおじさんズボンの方が断然よかったようで、、、。これも頼まれていたベルトが一番うれしかったようで履きなれたズボンのベルト通しに新しいベルトを通していました。

それからそうそう、ナイキシューズはどうだったか?
撃沈です。

試しに履いてみる様子をずっと見ていましたが、『こんなに靴を履くことが大変なことだったのね』と、履いている途中でNGだなと。
幅もサイズももう1サイズ上。それから靴も脱ぎ履きしやすいものを再考です。いろいろ考えて選んだのに、ソールが白じゃなくて黒がいいというのにはカチンときましたが(笑)。

こうして靴の行商のおばさんは、またカートを引いて、LAという千葉に帰っていったのでした。

おっと、まだ終わりませんよ。
今回は現場の進捗状況のチェックと、自販機の廃棄という任務もありまして。
父が承諾した「タバコ屋は廃業しないけれど、自販機は廃棄」。自販機を扱う業者に帰る日に合わせて引き取りをお願いしていました。父に、「本日自販機の引き取りです」と話そうかどうかと迷いましたが、思い切って伝えると釣銭を回収するよう念押しされました(笑)。気を使って損した~。

さようなら自販機

あっけなく、引き取られていきました。
うちの前に一件引き取りがあったようで、トラックには新しめの自販機が。それに比べてうちの自販機の「たばこ」の文字の味わい深いこと。ここのところ自販機の撤去、多いそうです。自販機も少なくなってますと。この業者さんにも父がお世話になったようです。「頑固な父がお世話になりました。ありがとうございました。」とお礼を言って見送りました。

大工さんから、「二人くらい、『たばこ売ってないんですか?』って来ましたよ。『もうやめるんですか?』って。」という話も聞きました。多分すべての顧客の声です、二人ってことは。ありがたいです。

さて、肝心の現場の進捗状況は、次のブログに続くということで。












sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR