父の引退

先週の現場打合せ、一日滞在しただけですが、すべてノーアポで、なぜかいろんな会うべき人と会って話ができた、今思い返しても不思議な一日でした。

これによって、リフォーム後の生活にも影響する、大きな決断をすることになったのでした。話をした一人は、たばこ仕入れ会社のエリアスタッフの方でした。その話を書きたいと思います。

 私の実家はタバコ屋です。祖母がお嫁に来た頃は(なのかその前なのか)酒屋もやっていた(のか酒屋だけだったのか、そもそも、タバコ屋っていつぐらいからできたのか、定かではありませんが)という話を聞いたことがあります。当時は持参した瓶に入れる量り売りだったそうです。かつては近所に点々と狭い土地(畑)があり、それはつけの支払い代わりに受け取った土地だったらしいという話も。こんな話を聞くと、「へーーー!」と興味深いものです。

 話がそれましたが、現場で打ち合わせをしていたら、たばこ仕入れ会社のこの地区を担当しているエリアスタッフの方が「家の方いらっしゃいますか?」と工事中の養生幕の隙間からのぞいてくれました。現在自販機は家の裏に保管していて工事後に設置予定であることを話し、それから工事後の自販機の設置を頼める業者を尋ねると、自販機の設置を頼める業者はもちろんあるが、数万円かかる、それから今後、たばこの値上げがあるのでそれに伴う雑務も多い、たばこも賞味期限がありできるだけ新しいものを売ってほしい(古いものは返品するなど管理が必要)、、、「これからもお父さんがされるんですよね、、、」と。

正直、売れても一日数個だろうが、父のボケ防止でできるまでやればいいと思っていました。たばこの補充とつり銭を数える仕事があることが意義があると。父は父で、現役時代から会社で働く傍ら家業のタバコ屋を祖母から引き継いでやっており、今も休業することが心苦しく(数少ない、多分二人くらいの顧客に対して)、近所にやめてしまったのではないかと思われてないかというような世間体を異常に気にするまじめな頑固爺なのです。

エリアスタッフの方から聞いてハッとしたのは、父が自販機の機械の操作を業者に頼んでいるということでした。プライドがあって子供には頼めなかったのか、、、真意はわかりませんが、とにかく、安易に考えていた「たばこやさん」は、「たばこ販売業」という一つの仕事だということに気付かされたのでした。さらに衝撃的だったのは、「常に新しいたばこを自販機に入れていてほしいから、古くなったものは返品できるからと言っても、お父さんは『返品するくらいならあげるからいい』と言うんです。」という話。

昭和7年生まれの父は、現在86歳。「暑い暑い」と文句を言いながらも、かなり遠くなった耳と膝以外は大きな問題なく過ごしています。とはいえ、面倒なことを考えるのは億劫だし、体も思うようには動きません。それと反比例して頑固度が増してるのは仕方のないことなのでしょうね。冷静になるとそう思うことができますが、融通の利かないことを言い張られると、戦いのゴングが鳴っちゃうんですよ。それはとにかく、悲しいことですが人は皆年を取り、かつて簡単にできたことが難しくなり、しかし、家族はやり続けることが老化を防ぐと思っていたけど、その域を越えてることを外の人はとうに気づいていたんですね。

以前、父にいつまでタバコ屋を続けるのか聞いたことがありました。 「俺は廃業なんて、いやなんだ。」という答えでした。
それをエリアスタッフの方に話すと、「廃業します!なんてどこにも言う必要ないですよ。」というお答え。これを聞いて、「父を説得できる!」と思いました。

まず、母に一部始終を話し、すると「私ももうやめてほしいと思っていた」と母。「リフォーム後自販機の設置はしない」ことを父に提案することに。
これ、一大仕事です。一つ間違えば、血みどろ(←大げさ)の戦いになるやもしれません。一息置いて、戦いのゴングが鳴らないように、冷静に冷静に切り出して、やはり「廃業宣言しなくていい」というところで納得したようです。不機嫌に「お前たちの好きなようにしろ。」と言って、寂しそうに自分の部屋に帰っていきました。自分が年を取って思うように動けなくなってしまった悲しさと、もしかしたら、もうやらなくていいっていうどこかホッとした気持ちもあるのかもしれません。どうなのかな。

父と自販機
まじめな父は、近所の人に不在だと思われないようにと、解体直前まで律義に店のシャッターを毎朝開けていました。膝が悪いので、かがんで力を入れて重いシャッターを上げるというのは大変なことなはずなのに、、、と思っていたら、シャッターに寄りかかるように背を向けて、シャッターの手がけに後ろ手で手を入れてちょこちょこ上げるという匠の技を持っていることを目撃した時の、これ、スクープ写真です。

 さて、数日たった今も父に精神的なダメージがないか心配は尽きませんが、思いがけなく核心をつく話ができたことが何か、不思議な力に導かれたような気もします。
リフォームをしていなければ、現状維持のまま、現役生活は続いていたのだろうと思います。それがよかったのかもしれません。でも、そうでなくてよかったと思います。壮絶な片づけも然りです。やらないほうが楽だったけど、やってよかったと思います。日々の生活は途切れることなく続くので、それを一旦区切りをつけて、長い年月の間で絡まったものを整理してシンプルにする作業って相当の強い力が必要です。家族力のない家族が、力を合わせてスタートしたのだから、ゴール目指して頑張りたいと思います。

今日は父の話でした。


sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR