やっぱり先を越されました!

あじさい

2週間ぶりに静岡に打ち合わせに行ってきました。
仮住まいのツバメの子供たちは一足?いや、二足も三足も先に、もう巣立っていました。
空の巣だけが残りました。ちょっと寂しいけれど、後に続け!といざ現場へ。

さて、間仕切壁も立ち上がっているかなとワクワクでしたが、まだそこまで進んでいませんでした。
ちょっと残念でしたが、外周部の壁に断熱施工をするために、電気配線や下地など、細かい作業が着々と行われていました。
よくよく見ると、これから立ち上げて行くための伏線のような作業が入念にされていることがわかり、じわじわと期待感がまた膨らんだのでした。

実は先週、ちょっとブルーでした。
エアコンの室外機を置くスペースが家の正面側か裏側にしか確保できないために隠蔽配管にする関係で、エアコン取付は一番最後だから急がず決めるはずが、すぐに決めてほしいという電話があり、情報のほとんど手元にない状態で判断することの苦しさを思い知らされた先週。

自分の仕事に置き換えると、今までにこういう思いをお客様にも強いていたことが思い出され、今更ながら申し訳なくでやるせない思いが。

とはいえ、施主(私)の要望で当初予定になかった断熱材の施工など工程を大きく修正せざるを得なかったことが原因なので、前向きに一つのことにこだわらず前に進もうと、気持ちを切り替えました。

さて、今回の打ち合わせでは、配線関係の確認と、部分的な造作の納まりを決めていきました。
南の道路側の母の部屋の窓は、母の要望もあり出窓にしたのですが、出窓のカウンターの出をどの程度にするか、角のアールをどの程度にするか、そんな細かいことを実際にカウンターをはめて見て、決めました。現場で見て判断できるのは本当に嬉しいですね。楽しいです!なんならずーっと現場にいて、全部チェックしたいくらいです。←嫌がられるなぁ、こんな施主(笑)。

父の部屋になる北側の部屋の掃き出し窓は、床のレベルを上げた関係で窓廻りをはつる作業が発生したのですが、これも終わって新しい断熱サッシが入っていました。50年前のアルミのサッシ(←当時は最先端だったのでしょうね、きっと)から、いまどきの仕様に。その他の窓はインナーサッシが入ることになっていますが、既存の窓の50年の歴史をひしひしと感じさせるこびりついた汚れ、これはこのままなのだろうか、、、、窓の清掃、この段階ではいってくれるのかなぁ、、、自分でやる???頑張る???とれる???なんて悶々として恐る恐る聞いてみたら、、、、「窓はインナーサッシを入れる前に、全部外して洗いますよ。網戸も張り替えます。」と大工さん。あーよかった!うれしーぃ。私って、洗ってくれるとか網戸張り替えるとか、そういうところでものすごく喜びを感じる、ハードルの高そうで低い施主なのでした。

その他、キッチンのカウンター上の棚の高さの確認や角のアールをどの程度とるかなど打ち合わせ。もちろんキッチンカウンターはまだついていないので現場でもイメージしずらいですが、ここは展開図を描いて寸法を出していたので、時間をかけて検討して展開図を描いたサマンサコーディネーターを信頼してそのまま行くことに。一人二役です(笑)。

キッチンは、当初は対面カウンターの配置でしたが、プランの打ち合わせの途中で壁に向かって作業する配置に変更しました。アイランドカウンター的な作業台を置いたほうが、訪れてくれる叔母や友人やそれからもちろん姉や私が母と一緒に、例えばムッキーを使って駿河エレガントの皮をむいてマーマレードづくりをしたりできるなぁと考えて。しかし、どうやって使い勝手のいい割安な、そして見栄えもそれほど悪くない作業カウンターを作ろうか、目下、鋭意検討中です!

IKEAのキッチンの部材を使ったらどうか?とか、収納家具の上に天板を乗せるとか、今のところまだどれも決め手に欠ける状況です。この部分もそうですが、やっていくうちに、実験住宅的な側面も出てきました。「両親が安全に快適に過ごせるように」がもちろんスタートなのですが、例えば、コンセントの高さや数は「高齢の両親がより使いやすい」って何が正解かわからないので「右へならえ」でなく、目的が決まっている箇所(掃除機の充電用とかチェストの上に置く照明スタンド用とか)は高さを指定して通常よりかなり高い位置にしたり、コードが長く横断しないようコンセントを多く配置したりというように。

リフォーム、まだ道半ばですが、「リフォームしよう」と思った頃とは明らかに向かうべきゴールが違っているように感じます。違っているというより見えてなかったものが少しづつ進むうちに視野の中に入ってきたというような感覚です。計画の全体像を最初から把握しているか否かということではなくて、踏み出したから見えるものがあるなと。これは嬉しいサプライズです。家づくりが大好きで家づくりにかかわる仕事をしているからということは大きいですが、リフォームは楽しい!何より施主って楽しいです。
sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR