勝手口、閉まります!

ツバメ

突然ですが、住設のショールームに何度も行かれるお客様の気持ち、よくわかりました。
今回で3回目、いや、その間に一人で金沢のショールームをのぞいたり、新宿のショールームにも行ってるから、正確には5回目(笑)。

最初は、住設は標準グレードが一番コストパフォーマンスがいいから変にカスタムなんてしないでラインナップされている中から色を決める程度でよしと思っていました。しかし、高齢の両親が生活しやすい機能があるならその分高くなっても採用すべきだと途中で路線変更。カタログを隈なくチェックしわからないことはショールームで聞き、というふうに落としどころが見当がついたところで、今回、「これが最後です!」宣言してショールームへ。

時間をかけているうちに、仮住まいのアパートのツバメの子供はとっくに孵化してこんなに大きくなっていました。
話がそれますが、しばし、親ツバメが子ツバメに餌を運んで与えるところを眺めていたら、妙なことに気が付いてしまいました。親ツバメは3羽の子供に平等に餌を与えない!一番前で大きな口を開けてアピールする子供の口の中にばかり餌が入ります。「そんなばかな!」と思ったけれど、見間違いでなく、確かに体の大きさもいつも餌をもらっている子ツバメが大きく見えます。ズータイの大きい子ツバメがなんとも憎たらしく思えましたが、よく考えてみると、自然界に平等はないのかもしれません。生き抜くために元気なヒナから巣立っていくのかなぁ、、、。

アパートの玄関の前で、しばし物思いにふけるひと時(笑)。

さて、話を戻して、ショールームの予約の2時間はあっという間に過ぎました。ユニットバスは、オプションで数か所手摺をつけるプランにしていましたが、サポートパックという、ユニットバスをほぼ横手すりが一周しているユニバーサルデザインのパックプランがあり、これをつけることにしました。浴槽に入ったり出るときや、お風呂の入口など、立て手摺が使いやすいと思っていましたが、長い目で見れば両手で躰を支えられる横手摺があれば安心です。実際に何度もショールームの展示のユニットバスに入ってシュミレーション。こういうの、まったく恥ずかしいと思わないのでしつこいくらいに。あ、もちろん服のままですよ(笑)。
父と母が、新しくなった家のお風呂を楽しんで、最後の日の前日まで自分で入れるように祈りを込めながら。
ユニットバス


キッチン、トイレも細かいところを確認して、造作で考えていた収納棚を近いサイズの既製品にするほうが安くなるなぁとそんな追加提案をいただくことにして住宅設備のショールームを後にしました。

そのあとはついでに建材のショールームで建具の色とデザインを決めて、その足で大工さんと現場へ。

実家はお店だったので南面がすべてシャッターでしたが、新たなサッシが入っていました。
南側のサッシ
普通の家っぽくなってきた(笑)。うれしい!

中は床下地までできており、間仕切壁の位置が墨出しされた状態で、廊下の寸法やトイレの広さなど、一つ一つ確認。これ、絶対自分でやっておきたい工程でした。もともと水回りがほんとに狭い家だったので、それをなんとか広くと考えながらプランしましたが、最終確認は現場でしようと。
スミダシ

脱衣室と廊下の間の壁は、斜めにすることにしました。脱衣室が少し広くなりました。ほんの少しだけど、これ、確認して変更してよかったって絶対に仕上がってから思うと思う!というところがこの他にも何か所か。

既存家具の置く位置が決まっている壁面は、家具の大きさをスケールであたって無理なく納まるよう微調整。これも大体でいいかと妥協しなくてよかった!

それから、新しい勝手口も、もうついていました。古い勝手口は取手がこわれ、ラッキーでないとしっかり閉まらない(笑)、真冬でも換気機能が秀逸なドアでした。だから、「アッ、勝手口だ!」と思わず声に出てしまったくらいの感激。そうこうしているところに、畑から戻った母が来たので新しい勝手口がついたことを知らせると、やっぱり同じリアクション!他も順調に進んでいて大工さんには申し訳ないけど、現段階では「新しい勝手口来る!」が我が家のトップニュースです。

これから間仕切壁が立ち、部屋の輪郭が見えてきます。それほど大きな現場ではないので、大工さんは一人です。一人って大変そうだけど、かえって自分のやり方でできてやりやすいのかなぁとそんなことを質問したら、「楽しいですよ。でも一人じゃなくても楽しいですけどね。」という返事が返ってきました。楽しいと思って仕事してくださっているのは施主としては嬉しいなぁ。うん、とっても嬉しいです。




sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR