格子戸のある家に

島根の出張からそのまま静岡入り。
初の富士ドリームエアラインの出雲⇔静岡便。一時間の快適なフライトでした。

富士山静岡空港は茶畑の中。「へー、静岡ってこんなにお茶の町なんだ~」って観光客気分で思うほど(笑)。

さて、現場はお店だった家の入口のサッシとシャッターもなくなって仮囲いがされ、中には柱の材料が搬入されていました。
すでに水道関係の配管から現場は動いていました。

現場64

K建築さんと、廊下の寸法など、現場で確認。
母にもなるべくプランニングに参加してもらいたいので、現場に足を運んでもらって「今まではこの狭さだったからこのくらい広くしようと思うけど、どう?」とスケールであたって見てもらいました。

それから今回はもう一つ、建材を見に、ウェアハウスへ。
実家のある町は東海道五十三次の宿場町の一つで、かつては格子戸の家が並ぶ街並みでした。この格子戸を早起きしてきれいに拭き掃除するのが嫁の務めとされていたという話をよく聞きましたが、今では本当に少なくなりました。我が家は50年前にすでにアルミサッシとシャッターの外観にしてしまっていたので、嫁の務めは早起きしてシャッターを開けることだったのでしょうか(笑)。
話は戻って、かつてはそんな話を聞くと面倒だなぁと思うだけでしたが、最近、昔ながらの町並みっていいなぁ、格子戸っていいなぁと思うようになりました。それで、できれば道路側の窓に格子をつけたいということを最初から話していました。K建築さんからは角材を並べて格子状にすることを提案されましたが、「古材の格子戸をつかえないだろうか?」と話したところ、「面白いですね」ということになり、静岡市内の古材を扱うお店を探して下さり、格子戸の現物を見に行くことに。
格子戸

写真はその一つですが、コンディションや色合いなど、古材だけあってまちまちです。
格子が細いので地元のものではないのではないかなと思ったら、やはり、京都から仕入れたものだとか。内部で使われていたものでもあるので、今回の使い方にはあわないかなと思いましたが、やはり格子越しに見る景色や映り込む格子の影はドラマティックです。繊細さよりも、田舎の宿場町らしいもう少し線の太い格子戸が見つかるといいなぁと、ウェアハウスを後にしました。
まだ時間はあるので、もう少し探してみようということに。

予算ありきで「贅沢は(素)敵!」リフォームからスタートしましたが、こんな遊びがあると俄然楽しくなります。少しでも安くというより、せっかくの機会をもう少しだけ頑張って、楽しんでかつ思いのこもったものにできたらいいなと思うようになりました。


sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR