眠れる蔵の水屋ダンス 

昨晩、金沢からそのまま静岡入り。

そして今日、大安吉日、いよいよ解体着工です。

今回施工をお願いしたのはK建築。
どこに頼んだらよいのか、こんな仕事をしていてもエリアが違うと全く分からず、心底静岡に「インテリアクラブがあったら!」と思いました。
途方に暮れて、かつて学んだ静岡のインテリアコーディネーターの学校の先生を訪ねた時に、実家をリフォームした同窓生の話を聞き、何かヒントがもらえないかと早速連絡して翌日尋ねたのでした。

同窓生のソルトさんは私より年上で、「60代の10年間をどう過ごすか?」と考えて、ご両親がすでにお亡くなりになって空き家になっていたご実家をリフォームしてギャラリーにすることにしたそうです。ギャラリーに伺って、その奇をてらわない和の空間が心地よく、その施行を担当された方をご紹介いただきました。初対面なので意思疎通を円滑にしたかったことと、やはり自分がコーディネーターなので、コーディネーターにかかわってほしいと思い、ソルトさんも引きずり込みました(笑)。今回は施主の立場なので、第三者的に見てくれる人がチームにいてほしいなと。それから3人寄れば文殊の知恵というように、自分だけで決めるより、「こうしたらどうか」「こういう方法もあるよね」というように、プランが進化することって絶対ありますから。

そういうわけで、今日もソルトさん、来てくださいました。

塩谷さん
すいませ~ん!お掃除させちゃって!
蔵に長い間眠っていた水屋ダンスを使うことになり、どんな状態か、外に出してチェックしました。なんてさらりと言っちゃったけど、たどり着くのは不可能じゃないかと思うような、物の山に行く手を憚られた蔵の一番奥にある水屋ダンスを出せるようにするための、汗と涙と埃まみれの日々があったのです。(注釈:この作業の後に、母の「バンザーイ」となる)

何十年かぶり、多分、建て替える前の家で使っていたものだと思うので、50年ぶりに陽の光を浴びる水屋ダンスは蔵の中で見た印象よりもきれいで、再度檜舞台(言い過ぎかなと思いますが)にたてることを喜んでいるように見えました。
水やダンス赤

十分使えることが確認できて、裏板の張替えの必要もないことが分かり、再度いったん蔵へ戻す前に、全身エステへ(笑)。
ソルトさんも率先して磨きをかけてくれました。感謝!

それから水屋ダンスがもう一つあり、こちらはさらに年代が古く(おそらく大正時代のものではないかと思います)、部分的に当時の印刷物が貼られており、これはこれでまた味のある古さ加減。しかし、ダメージもかなりありました。
水やダンス黒

こちらも一通りきれいに拭いて、いったん蔵の中に。蔵の中で使ってもいいし、こちらの使い道はこれから考えようと思います。

今回、今使用していた建具も一部再利用することにしました。
いいものだからということではなく、見違えるようにきれいになって父や母が「ここはどこ?」となるのは困るので、見慣れた景色を残したリフォームにしようと考えたからです。
K建築さんが早速建具を外し、ガラスを割って、状態の良いものを再利用のため持ち帰る手立てをしていました。
建具外す

それにしてもうれしかったのは、K建築さんが本日いらしておっしゃった言葉。
「ここまで片付ているとは思わなかったです!。スゴイです。もっといろいろ残っているだろうと思っていたけど、これ、すごく大変でしたよね、すごいなぁーーー。」

その言葉を聞きたいために、頑張ったんですもの、私たち!
sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR