ツバメと叔母とブルース・リー

アパートファサード

仮住まいのアパートの玄関です。階段を上がりきってすぐにドア。登りきるあたりで中からドアが開いたら危ない狭さです。

っと、そうではなくて、換気口のフードの上に、何か、見えますか!?

つばめ

ツバメです!
ここ数日、このあたりを飛び回っていると思ったら、今朝、発見!
それにしても、こんなに人に近いところによくお越しになりました。

思い起こせば、小さい頃は、家にもツバメが毎年来ていました。
いつの間にか来なくなり、、、今は穴が大きくあいた巣だけが残っています。

糞で汚れるので巣を作られるのは面倒ではありますが、今回は心がほっくりしました。

それは、私が鳥好きになったからだけではなく、またツバメが選んでくれる家(仮住まいですが)になれたような気がしたのかもしれません。

ネットで検索してみたところ、ツバメはカラスや外敵から身を守るために、人間に近いところ、人の出入りが多いところなどに巣を作るのだそうです。だからツバメが巣を作ると商売繁盛とか、言いますよね。なるほど、ここならめちゃくちゃ人に近いです。

ツバメが巣を作ると縁起がいいと言いますから、ツバメの子育てと同時進行でこれから始まるリフォーム工事、問題なく進んでくれますように!

 さて、本日も、がっつり肉体労働者でした。
本日数日ぶりに叔母がドタ参!!いいなぁ、こういう想定外(笑)。
片づけは実家の建物の裏にある蔵(という名の物置)にまで順調に進んでおり、しかし、この蔵こそが、我が家の伏魔殿なんだなぁ。
ここに着手することに、どれだけの勇気と気力、そして大きな使命感が必要か!
蔵編は、また後日報告するとして、今日は叔母の雄姿を最後にご紹介します。

机を壊す叔母

蔵にあった、ぐらぐらのテーブルをハンマーでたたいて解体する叔母。
昨日は姉が、へんな叫び声をあげながら、空手チョップでカラーボックスをバラしていました。ふざけてブルース・リーのまねでもしているのかと思いきや、まじめに力を込めるとそういう声が自然に出てたようです。それにしても、空手チョップってねぇ、発想が私にはないですけどね。壮絶な片付けも終盤を迎え、ちょっとおかしくなってるところが誰もにあるのかもしれません(笑)。

ちなみに、写真の左に写っているのはブリキの巨大な筒。蔵の中でも異彩を放つ姿でした。母も見たことがないというこの代物、上にふたがあり、下には回すと中身が出る口がありました。中をのぞくと脱穀した米が出口のあたりにほんの少し残っていました。お米を貯蔵しておいたものでしょうか。それにしてもすごい量です。このブリキの缶、とりあえずキープです。使い道は考えましたが、何か妙案があったらぜひ拍手コメントお願いします!

sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR