ザックザクとサックサク

「一日一日できることをやって終える」

オリンピックを目指すアスリートのようですが、「片付け」という大きな山を前にして何から手を付けたらいいのか、どうやったらいいのか、やり終えることができるのか?という不安にかられた私たちへの、叔母からのアドバイスです。

「まだこれだけしかできてない」とか先のことを考えてもしょうがないから、とにかくできることを一日一日やっていけばいいと。
この言葉に支えられ、解体する一階はほぼ片付けが終わり、明日明後日にゴミ出しが終わればほぼ終了となりそうです。

さて、ここだけの話ですが、仏壇からはでなかったお宝、実は他の場所から出てきていました。
もともとたばこと雑貨のお店をやっていたので、商い関係の引き出しの中に、ザクザクと!

ザクザク?

はい、とちらかというと、ザックザク!

・・・・、小銭が。

メインは一円でーす。あとは5円、10円、それから50円と100円がちょっとだけ(笑)。

このまま持っていてもしょうがないのでいざ銀行へ!
銀行に出かける前に母と姉に「さて、いくらでしょうか?」

姉が5万といったん言って5000円に訂正。
母が3000円。

父から預かった500円貯金も一緒に勇んで銀行へ!

銀行の窓口でおもむろに箱に入った小銭をカウンターにおき、「これ、入金したいのですが(低姿勢でペコペコしながら)」

明らかに眉間にしわをよせながらも笑顔で、「奥のカウンターにお願いします」
奥のカウンターで待っていると、ざるを手に先ほどの窓口担当者がやってきました。
「この中に入れてください」

種類別に袋に入っていましたが、みんな一緒に入れてといわれ、ざーっ、ざーっとざるへ。
と入れたらゴミまで入ってる入ってる~。それからなんでボタンが入ってるのよー!結構たくさん。
『はずかし~』と、(←今頃?)背中を丸めてボタンとゴミをざるからとって、、、小さな声で「お願いしますうぅ」。

ここからが長かった!

ジャラジャラジャラーと機械に入れてポンポンポンと「○○円です」となるんだとばっかり思っていたら、不純物混合比率が高いためか(笑)、硬貨自体もかなり古びた感でてたためか、人海戦術メインでことが始まってしまいました。

アラアラアラ~、月末月初でなくてよかった!幸い私以外にもう一人だけ。とはいえ『申し訳ありませーん!』です。

「ちょっとお時間かかりますがよろしいですか?」と眉間にしわさん、「面倒かけてすいません!」と私。

カウンターの向こう側のやり取りが聞こえてきました。
「これ、5円でしょうかねぇ?」
「うーん、、、、」

待てば待つほど期待は小さくなりまして、、、、(笑)、

さて、合計はいくら???

じゃーん!

15263078430.jpeg

16,481円也!
5円硬貨2枚が判別不能で戻ってきましたが、我が家のお宝、16,481圓でした~。(父の500円貯金が20枚くらいはあったと思うので、、、、ほんと、銀行の皆様、面倒かけてすいませんでした!


実は一緒に出てきた1000円札3枚をポケットに忍ばせて(笑)この後3人で食べに行った桜エビのかき揚げが見事にサックサク。格別に美味しかったです!
sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR