プロフィール

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フォローで更新情報がわかります

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

梅雨時期はプロヴァンスで過ごします

金沢大雨のニュースが続きますが、こちら、LA(chiba)はここのところ降りそうで降らない、時に晴れ間も見えるような
お天気が続きました。

でも、じとっとする暑さが何もしなくても体力を奪っていくような、いや、仕事をしたくないのをこの陽気のせいにしているのか、とにかく、すっきりしないこの気分を払拭すべく、私は仕事を置き去りにして、ブルーベリー農園に向かったのでした。

意外なことに、わりとあちこちにあるブルーベリー農園。
家から車で40分くらいで到着。

いちご狩りやぶどう狩りは行ったことがあるけれど、ブルーベリーはお初です。

でも、「〇〇狩り」といえば、町内会の運動会的テントにパイプ椅子、あるいはプールサイドじゃないけどプラスチックの白いテーブル&チェアというイメージ。それ以上を望む期待すらなかったけれど、打ちのめされました~。

ブルーベリー畑から

「イギリスかフランスの片田舎のような、、、行ったことはないのだけど(笑)、なんて素敵なんでしょう!!」
「わたし、毎日ここに来たいです(目をキラキラさせて)!」

「ブルーベーリー農園→」の看板通りに細い道に入って車から降りると、『私のど真中!』の光景が目の前に広がっていたのでした。

大きな木の下の休憩テーブルの上にはおしゃれなガラスのジャーに入った冷たいグリーンティー。かごの中にグラスが入っています。畑の周りには栗やイチジクの木、それから季節の花も咲いていて、アジサイの咲く小道を下ると水辺に出ます。

水辺

も~、ここで大満足。ほんとにここでしばしプロヴァンスの休暇妄想に浸って、、というくらいのハイテンションでしたが、さらなるお楽しみがあったのでした!

そう、ここからが本番。

いざ、ブルーベリー狩りへ。
小さな手つきかごを受け取って、畑の中へ。

ブルーベリー畑

わ~、みずみずしい!
ブルーベリーの木って、こんなに大きいんですね。家の鉢植えのブルーベリーのイメージしかなかったので。

とはいえ、一番上になっている実も手を伸ばせば取れそうな高さです。
試食OKで、収穫したブルーベリーが100g200円で持ち帰ることができます。

ブルーベリーにも種類があって、食べ比べると味が全然違ったり、ちょっとまだ赤いくらいの実の酸味を
楽しんでみたり、ここでしか楽しめないブルーベリーを堪能しました。

これだけ楽しんで二人で1000円。(500gの収穫でした)

仕事を置き去りにしてくる価値あり!!(笑)
というより、こんな素敵な光景に思いがけず出会えたことって仕事にプラス以外の何物でもない位の(開き直りか!?)、梅雨の合間の素敵な時間でした。

 BLOG TOP