昨日の続きです。まさかこんな展開になるとは!

姉のアカペラの「あ~やんなっちゃった」音源を繰り返しきいていたら、忘れていたことを思い出しました。

そう、私はウクレレを持っていた!
遠い昔、ハワイでも習ったし、近い昔、近所のカフェの、コーヒー付きのウクレレ教室にエントリーしたのでした(確かブログにも書いた!)。エントリーしたその後は、、、、え~、程なく方向性の違いで(笑)、脱落。

「あ~やんなっちゃった」は超簡単な3つのコードで弾けることがネット検索でわかり、おもむろに長らくリビングの隅に置きっぱなしだったウクレレのカバーを開きました。
何年振りだろう!チューナーはもちろん電池切れ。ネットでチューニングの音を聞きながら音合わせ。
シャカシャカ練習して、いざ、スマホで初レコーディング!

いやぁ~、ミュージシャンの大変さがわかりました~(爆)!
弾きながら歌うって、なんと難しい!!
でも、誰にも何も求められてないのでテイク3くらいで「OK~!」。

さっそく姉に送ったところ、「ウクレレ弾けたの~!?」と予想を遥かに超える絶賛コメント。
「この歌のためにウクレレ持ってたんじゃない??」と言われ、それ以外にどこかで弾いたこともないしそもそも弾けると言えるレベルじゃないことを考えると、それは正しいのかもとも思うわけで(笑)。

そんなこんなでウクレレブームに火がついて、ユーチューブで練習する一日となりました。

ちなみに送ったウクレレ伴奏つきサマンサバージョンの「あーやんなっちゃった」は母にも大受けだったそうで、喜んでもらえてやった甲斐があったというもんです!
どうしても聞いてみたいという方がいらっしゃいましたら、データを送りますのでご一報ください(笑)。




「今日はこんな歌を歌い続ける一日でした」

「今日はこんな歌を歌い続ける一日でした。」という姉からのライン。

どんな歌かと思ったら、
「牧伸二の”あ~やんなっちゃった”の曲で歌ってください」
と替え歌の詩が送られてきました。


(1番)
うちのじいさん よぼよぼ歩き
人の話は聞こえない
まわりのことなど どうでもいい
自分勝手にやり放題
あ~やんなっちゃった
あ~おどろいた


(2番)
健康優良児も88歳
過去は出勤 今は失禁
開き直って 空威張り
「感謝の言葉? なんだ、それ!?」
あ~やんなっちゃった
あ~おどろいた


(3番)
朝は4時起き 冷蔵庫チェック
椅子に座って ドアは全開
ピーピーなっても聞こえない
食べ物探しに無我夢中
あ~やんなっちゃった
あ~おどろいた


猛烈に大変だったんだろうなぁ、あの頑固ジジイの世話が!
申し訳ない! 心苦しい! ただただありがたい! 

でも吹き出しましたよ~(笑)。
特に3番の歌詞は、光景が目に浮かびます!
車に乗っていた数年前までは、お気に入りのスーパーで食材の買い物をするのが楽しみだった父。
今は、家の冷蔵庫が父にとってのワンダーランドなんだろうなぁ。
、、なんて、感傷にふけっていられない日常がそこにはあるんです!(川平ジェイ風に)

姉が予定している食材を勝手に食べてしまったりするので父専用の冷蔵庫を購入したのに懲りずに早朝の誰も起きていない時間に現れる冷蔵庫荒らし。椅子を冷蔵庫の前まで持ってきて腰を下ろし、扉を目いっぱい観音開きにして、『閉めてください』警告音が鳴ってもおかまなく(聞こえない)延々と至福の時間を過ごす冷蔵庫荒らし。


そして翌朝、姉からライン。

今度は音声データだ!こんなの初めて!
タイトルは、『静岡のじいさん音頭』。

おー!!歌ってるよ~アカペラで~(大笑)!!!
それもしっかり3番まで。
おなかを抱えて笑いながらも、姉のはまった沼の深さを想像して呆然。
、、、、、

でも、やっぱり吹き出しましたよ~。

その後、「ヨガのインストラクターなんだから、これに体操の振りをつけたら?」となり、
動画が送られてくる日も遠くないと、待ち構えているサマンサです。


しかし、2~30年日本にいなかったから日本の歌謡曲なんか全然わからない姉が、小さいころに聞いた「あ~やんなっちゃった」は覚えていたという、牧伸二の偉大さを再認識した出来事でした。

暗い内容になっていたら申し訳ないので、写真を一枚添付します。
牧伸二の写真も冷蔵庫の写真もないので、うちの庭のメジロです。

メジロ

追記:
姉からこんなコメントも。
「歌でも歌って吹っ飛ばす!考えてたら楽しくなってきた!これ、お勧めします。」

うちの姉は、牧伸二よりも偉大です(笑)!!

初雪ディはステイホームでモデルハウス見学

本日初雪です。寒いです。

住宅設備メーカーや壁紙メーカーなど、商品紹介のセミナーを企画してくださるのですが、今はこれがオンラインです。
これ、意外にいいんですよね、行かなくても情報が得られるので。こんな雪の日ならなおさらです。
以前は会場に足を運んで説明と共にスクリーンを見てたりしたことを考えると、家でパソコンのモニターを見ている方がよっぽど見やすい(笑)。もちろんショールームに足を運べば実物を見ることもできるので、それは大きなメリットですが。

今日受けた水廻りメーカーのセミナーでは、ショールームのオンライン見学の紹介もされていました。
これ、オンライン見学の予約をして、担当者がショールームを案内してくださるのをリモートで見学するもので、気になる商品を違う角度で映してもらったり、水栓金具なら水を出してもらったりと、自分が行って見ているかのように案内してもらえるというもの。これ、便利ですね。一度行って再度確認したいものがあった場合など、ありがたいサービスです。

それじゃぁモデルハウスってどうなのかな?というと、セルコホームのモデルハウスもリモートで見学できるんですね。
自分の住んでいるエリアでないモデルハウスも自宅にいながら内部までチェックできてこれは便利です。

↓このURLで見られますよ。
https://selcohome.jp/3d/

コロナ感染者数、減ってはきていますがまだまだ怖い数字です。
密を避けて安全に過ごしましょう。

新築物件のお知らせ

本日、一軒完成しました。

工事期間はほんの10分。

牛乳パックでつくるバードフィーダ―(鳥の餌台)です。
ネットで見て、適当に。

緑のリボンがあったので、リボンで可愛く庭の枝に吊る下げました。
中にはヒマワリの種を置いて、シジュウカラが来てくれるのを待ちます。

まぁ、こんないかがわしい(笑)餌台に、吊るしたとたんにのこのことはやってこないだろうけど、まぁ、この新築物件の施工写真を撮っておこうとカメラを構えたら、、、、。

バードフィーダ―1

なんと!
構えた構図の中にシジュウカラ、イン!
ヒマワリの種をゲットして常緑樹の中へ。(葉の密集している木の中で、殻を割って食べるようです。)

そして勇敢な一羽目に続く二羽目も!

バードフィーダ―2
おっとっとっと!「何よ~!この止まり木、安定が悪すぎー!!」

バードフィーダ―3
ヒマワリの種を取れずに行ってしまいました。

枝にリボンで長めに吊る下げたので、かなり揺れることがわかりました。
それから牛乳パックの下に止まり木になるようにガムテープで割りばしを固定したけどこれも改善の余地ありですね。
こうやって、私のコーディネータースキルは磨かれるのでした(笑)。

リモートワーク環境

出勤を控えてリモートワークの推進が叫ばれています。
会社側にその体制が整っているかが大前提ですが、「自宅でどうぞ」と言われて、自宅の環境はどうなのでしょうか?

去年のSTAY HOME 期間のニュース映像で、夫婦二人がリモートワークになり、マンションの小さなダイニングテーブルで向かい合って仕事をしている姿が忘れられません。デスクを買ったらいいのにと思いますが、なかなか家具を購入するってハードルが高いことなのだろうな。

最近計画している分譲住宅は、自宅で仕事ができるスペースがあるプラン、結構多いです。二階ホールに作り付けのカウンターのデスクだったり、一階に和室でなく書斎的に使える部屋だったり。家族が集う場所がメインの家づくりから、それにプラスして一人で集中して仕事できる場所がある家づくりにかわってきているように思います。

さて、緊急事態宣言の発令あたりからほんとに外出をほとんどしていなかったのですが、久しぶりにホームセンターに買い物に行きました。何てことなものの買い物だけど、やっぱり買い物するって楽しいです。それから、目新しいものがいろいろありました。

45495.jpg

これ、3980円でできる書斎です。
ポップアップテントと同じ要領でぱっと開いてファスナーを占めればあっという間に個室に!

45496.jpg

デスク&チェアがちょうど収まる大きさです。
音は筒抜けですが、個室感はばっちり(笑)。

リモートワーク環境へのリフォーム補助金なんかも今後出てきそうです。
コロナ対策でリモートワークが進んでほしいし、コロナ終息後もそれがある程度根付いてほしいなと思います。

新春早々、実家の一大ニュース!

「一大ニュースです!」というラインが姉から届きました。

どの程度の大きさの一大なのか、どれどれ?と読み進めると、

えーーー!
一大ニュースじゃん!!

思わず大きな声で叫びましたよ!
じわ~っと体が高揚して全身の力が抜けるような、床から5センチくらい浮いちゃってるような不思議な感覚。

その一大ニュースとは、
「弟がお父さんにと買ってきたスクラッチの宝くじ、1,000,000円当たった~!」

なんと!!!

そんなラッキーが!

ここのところ、コロナの暗いニュースばかりだったけど、こんな嬉しいニュースが飛び込んでくるなんて!

何に使おう?
あ、私にじゃないけど、ワクワクするなぁ。

なんて幸せモードに浸っていると、しばらくして、姉から次なるラインが。
「宝くじやっぱり当たってませんでした。ぬか喜び。お騒がせしました。」

えーーー!

自分でも想定外の大きさの精神的ダメージ(笑)。
上げられて落ちるのは、ダメージが大きい、、、。
事の経緯を聞くのもなんだなと、詳しい話は聞かないでいましたが、徐々に『もしかして?』という一つの仮説が私の中で芽生えたのです。

その仮説について、説明します。
”軽率に当たったことを連絡してしまったけれど、それはまずかったのではないか?サマンサから話が広がってまずいことにならないか?あるいは、100万の使い道について口を出してくるのではないか?当たっていなかったという連絡をして、この件は秘密裏に処理すべきではないか?”
という話が、静岡の実家で隠密に執り行なわれていたのではないか?という仮説です。

そう考えるとすべて合点がいく!
そうか、そういうことか。千葉に住んでいる私は部外者ってことか。それは事実だから納得だけど、少々寂しいぜ。
でも、当たっているならそれはよかった!楽しいことに使ってね。
この件には触れないことにしよう。


っと一夜明けた翌朝、姉から届いた当たり券の写真!
いや、正確には当たってなかった券!!
本当に正真正銘の勘違い。
詳しい説明は割愛しますが、勘違い大魔王のおやじが真剣な顔で小声で「当たったぞー」と言いに来たそうで、その思わせぶりな言い方に、思わず信じてしまったそうで。


えー、ここで静岡の実家の皆さんと中継がつながりましたので、お姉さまとお母様にお話を伺いましょう。
お姉さまはそのニュースを聞いてどうでしたか?
姉:父のあまりの思わせぶりな言い方に、よく確認せずに信じてしまいました!その後クラシックを聴く機会があって、まるでウィーンの宮殿でワルツを踊っているように夢見心地でしたよ。

お母様は何が頭に浮かびましたか?
母:『100万はどう受け取ればいいのだろうか?振り込みになるのかなぁ?手続きはどうしたらいいのかなぁ。』と嬉しいのと心配なのとでいろいろ考えていました。

宝くじをお父様に買って差し上げた弟さんにも伝えたんでしょうか?
姉:はい、すぐに当たった連絡をしてその後誤報だった連絡をしたのですが、帰宅後「騙されたぁ」を2回言って自分の部屋に去っていきました(笑)。
静岡からは以上です。


続いて、こちら千葉です。
サマンサ:第一報を受けてもちろん言いましたよ、うちのライダーに!「静岡で宝くじ100万当たった~!」。
諸手を挙げて喜んでくれました。
そして言いにくかったけど誤報だった報告も。それが思った以上の落胆ぶりで私もびっくり。
「なんだよぅ~⤵。最近明るいニュースがなかったけどまわりでこんなにいいことがあって、これから世の中明るくなるかなと思ったのに~。」
っと、千葉でもショックは大きかったようですね。千葉からは以上です。

100万当たったことはブログには書けないなぁ。金額を言わずに当たったとだけ書こうか?なんてことまで考えちゃったこの騒動。100万の使い道に胸ときめかせ、誤報だったというところまで含めて一大ニュースに間違いなしです。






緊急事態宣言発令!今月はSTAY HOMEです。

本日から緊急事態宣言による外出自粛期間になりました。
それを受けて、今月後半に予定していた出張は延期となり、リモートで打ち合わせできる部分は進めようということになりました。
ZOOMでの打ち合わせも、この半年で、普通になりました。便利ですね。

今年のインテリアクラブはZOOMをつかってのリモートインテリアクラブをトライする予定です!
詳細はこれから詰めますが、初回はつながる確認ですね!無事開通できた皆さんで近況報告をしあいたいと思います!
年末のアンケートは出さなかったけど、今年のリモートインテリアクラブに参加したい!という方いらっしゃいましたら是非ご連絡を!

年間スケジュールとその他諸々、金沢のスタッフの皆さんと打ち合わせしなければ!
そう、ZOOMで(笑)。

追記)
万が一、今日は庭に鳥が来たのか、気になっている方がいらっしゃるかなぁと(笑)、お知らせします。
メジロが頻繁に。ヒヨドリちょいちょい。
実家から届いたミカンを一つ庭に置いたらメジロが美味しそうに食べる食べる!
リンゴよりリンゴジャム、リンゴジャムよりミカンかも(笑)。


お互いに元気なうちに!

朝、さっそく気になる庭。
覗いてみると、なんかいる~!!双眼鏡~、カメラ~~!

ジョウビタキ♀
冬鳥のジョウビタキ(メス)です!
今年初見!うちの庭で会えるなんて感激です。
オスはオレンジ&ブラックで白髪のような白い頭のとってもきれいな鳥なので、今度は是非ご夫婦でお越しください!

っと、快調にスタートした今日、メールを開いたら税理士の先生からメールが。
大学時代の先輩の紹介で、もうずーっと確定申告業務をお願いしている先生です。
毎年ぎりぎりに資料を送ってくる私に「早めに準備を!」という警告メールが届くのですが、それにしても今年は早いなぁと見てみると、以下のような文面が。

『昨年からのコロナ禍はまだまだ終息しそうにありませんね。
いつ感染してもおかしくない状況になってきました。
そこでお互い元気なうちに、確定申告を済ませたいと思います。
今年は早めの書類をお送りください。』


吹き出しましたよ~、『お互い元気なうち』って!

でも、冷静に考えると、笑いごとではないんですよね。
東京都の感染者数はぐんぐん増えて今日は2447人。私の住んでいる千葉県も一気に450人に。
緊急事態宣言も、あっちやこっちに忖度した対応じゃなくて、本当に医療危機を回避して終息するための対応をしてほしいと願います。
だいたい、政治家の会食ってなに?人と会って話を聞くのが仕事というけど、食事はしないで打ち合わせをすればいいだけじゃないの?会食しないと仕事にならないって発想自体がずれてませんか?

おっと、話がそれましたが、私が感染して資料を送れない、あるいは先生が感染して私の申告業務が滞るっていうリスクは否定できない状況にあるわけで、さっそく資料をまとめた次第です。資料がスムーズにまとめられたのは、自粛期間に今までぎりぎりになってまとめてやっていた帳簿付けをコツコツとやっていたからで、STAY HOMEも悪いことばかりではなかったのだけど、今回が最後になるよう、日本がONE TEAMで真剣に取り組むことを願います。

政治家が「国民の皆様に協力をお願いします。」というけれど、そもそもコロナウィルスは政府のせいでも何でもないのでそんなに下手にでるような言い方しなくてもいいのに。「皆で終息させよう!がんばろう!」でいいのにと思うけど、どうなのだろうか?


えー、そんな緊迫した事態にも、我が家の庭には明るい話題が溢れています!
メジロ再登場!!

メジロとリンゴ
リンゴ、リンゴ!

メジロとジャム
でもやっぱりジャムが好き!

お互いにずっと元気でいましょう、先生!



家でバードウォッチング作戦!

バードウォッチング散歩もいいんだけど、せっかくだから庭に鳥をおびき寄せてみよう!と思い立ち、いそいそと仕掛け。

野生の生き物に餌を与えるのは絶対にNGだけど、庭に果物を置いておくくらいは問題ないだろうと。
主たるエサは、リンゴの芯、食べ忘れていた自家製ジャム、賞味期限過ぎちゃった十穀米。

それから、片づけていたら出てきた小鳥の置物。プラスにでるのかマイナスなのか、見当もつかないけれど面白いから置いときました。

実は年末あたりからちょこちょこ始めたものの、鳥は来ず。
なんだ、来ないのか!とあきらめモードの私に、「毎日やらないとこないよ!」とライダーからのアドバイス。
そうか、そりゃそうだ!いきなり怪しげな餌には飛びつかないよね~。数日様子見て、毎日美味しそうなものがあるなぁ。なんか大丈夫そうだから行ってみよう!~って食べにくるってことか!私が鳥でもそうする、うんうん!

っと、あまり期待せずに餌をフレッシュなものに代えたりしてたら、なんてことでしょう!
朝食を食べながら庭を見たら、小鳥の置物の前にヒヨドリが!
不思議そうに小鳥を眺めるヒヨドリ
この2ショット、残念ながら写真にとれずです!
ちなみにヒヨドリはこんな鳥。
ヒヨドリ1

その後、庭で繰り広げられたのは、鳥祭り!
メジロがつがいで現れ、シジュウカラもほんの少し登場。
それから長居してしっかり食べてたのはやっぱりヒヨドリ。
バードウォッチングでは「なんだヒヨドリか!」だけど、うちの餌に来てくれるヒヨドリはかわいい!
ピンぼけながら、こんな写真も。
ヒヨドリ2
ヒヨドリ3

うひょひょ~い!
勢い、私が行ったのはどんなことでしょうか?

正解は、窓ガラス拭きです(笑)。
年末にやらなかった窓掃除、こんなタイミングでやることになるとは。
鳥に感謝!
もー、ノリノリで磨いちゃった。

そして、今日。

それが来ないんだなぁ、全く。
外で鉢植えの植え替えなんかをしていたこともあるのだろうけど。
明日への期待は大きくなるばかりです。


2021年新年おめでとうございます

のんびりスタートの元旦

素晴らしい快晴

願うのは平穏な年!コロナの終息!!
『健康』です。

今年最初のバードウォッチング散歩で何とか会えたモズ。(多分そうだと思う)
オスの方が圧倒的にきれいですが、メスも双眼鏡や写真で撮ってみるときれいな鳥ですね。
202111モズ

小鳥が好きです。
小鳥と言っても、野生の鳥。
こんなにかわいいのに、毎日がハンティング。過酷です。
今日は大丈夫でも明日はどうかわからない日々を過ごさなければいけないのだから。
営業マンなら、今日のノルマが達成できても明日は明日のノルマがあるってわけで、、、それ、つらいよね~。
まぁ、そんなことは考えてないのだろうけど。
営業マンなら「今日はダメでした~。明日がんばります!」が、鳥の場合、今日の失敗は命の終わりを意味するわけで。
誰も助けてくれません。

この時期、モズは一羽で過ごします。オスもメスも、皆一匹狼ならぬ、一羽モズ!
エサの少ないこの時期を乗り越えるための戦略だそうなのですが、厳し~い。
男女の格差なし!鳥の世界、進んでいます(笑)。
そうそう、モズと言えば、『モズのはやにえ』と言って、獲物のコオロギやカエルなんかを枝に串刺しにしてとっておく習性がありますが、私が鳥だったら絶対これをやっていると思う。だって明日が心配だから。でも、多分明日の分と言いながら食べちゃうんだろうなぁその日のうちに(笑)。

私の知識は聞きかじりなので、間違っていたらごめんなさい。
少しの知識に大きな妄想を膨らませ、鳥を探してあれこれ考えながら歩くのがなんと楽しいことか。
今年もたくさん鳥が見られますように。