おせち作りは楽し!2020年の感謝を込めて

大晦日、ここ数日格闘している片付けの最終日。

仕事する部屋を片付けるつもりが、在宅で仕事している人あるあるだと思いますが、すべては連動しており(笑)、
結局あちこちのパンドラの箱を不用意に開けることになり、でもそればっかりでは申し訳ないとユニットバスの大掃除をし、でもまあ、引越なんかと違って年内に終わりたいが終わらないと大変なことになるってものでもないので比較的楽しみながら。
ゴミの物量を見て、「あ~私はこんなゴミに囲まれて仕事していたのか~!!」と愕然となります。これ、前回の片付けの時も思ったのだけど。
そういうわけで、片付けと掃除の年末でした。

「おせち料理は?」

え~、我が家では、今回はおせち料理はなしにしよう!ってことで話がまとまっていまして。
唯一、私の大好物の伊達巻だけ、三本ほど(!)、買い出し担当のうちのライダーにしっかり購入してもらっています(笑)。
今までの経験で値段が高ければ美味しいということでもないので、適当に3種類買ってきてもらった伊達巻の、利き酒ならぬ『利き伊達巻』をお正月に楽しもうと、一人ワクワクしています。

そもそも、「おせち料理を作らなきゃ」と思ったことが、自慢じゃないけど今まで一度もないんだなぁ。
大きい声では言えませんが(笑)。

っと、そこに姉から届いたラインの写真↓
手作り伊達巻
「手作り伊達巻、できました!」

ひゃ~、美味しそう~!!

っと程なく従妹からもこんな写真が↓
バター醤油田作り
伝統的な田作りかと思いきや、『バター醤油田作り』!

何と!食べて見た~い!
え~??? おせち料理づくりって楽しそうじゃ~ん!

追い打ちをかけるように叔母からも↓
昆布の荒削カツオ
「サマンサの北海道の土産の昆布を粗削カツオと煮ました。」だって!
嬉し~い。これもおいしそう。

面倒に思える師走の仕事を、楽しみながらやってる姿に新鮮な驚きと感動です。
大晦日に素敵なこと、姉と従妹と叔母から教えてもらったような気がします。

2020年は本当に大変な年だったけれど、おかげさまで幸せに年末を迎えることができました。
☆STAY HOMEで例年になく在宅していましたが、うちのライダーには本当に支えていただき、秋には北海道を二人でまわって最高の旅ができました。
☆何十年かぶりに生活の拠点を日本に移した姉の帰国。これも最高に嬉しい出来事でした。実家で家のことを一切合切引き受けてくれて、それだけじゃなく母と楽しそうに生活しているのが何よりうれしい!
☆インテリアクラブはほとんどリモートだったけれど、ラインやインテリアクラブ新聞を通して繋がっていられたことも本当に嬉しかったです。

ブログ拍手数はせいぜい3くらいですが、多分もう少しは読んでくださっている方がいらっしゃると思うので(希望!)、それを励みに今年もブログを続けることができました。心より感謝いたします。

来年が、希望に満ち溢れた、仲間と集える楽しい1年になりますよう、心から祈って2020年のブログを終えます。

恒例の二人忘年会はひっそりと

今年はお仕事をご一緒させていただいている設計事務所での忘年会もなし。
唯一の忘年会でした、恒例の二人忘年会。
私の年間スケジュールの中でも上位にランキングするお楽しみイベントなだけに、何とか今年も実行したいとお相手のオードリーにメール。
コロナ感染対策万全で執り行なうことに満場一致で即決(笑)。

一年分の報告を時間を気にせず存分にしあう忘年会。
今年はかなり離れてマスクして。

やっぱり最高に楽しかったなぁ。
帰途につきながら、来年の忘年会がもう楽しみでたまらない。

パスタを食べようと思ったけれど、店内で食べるのはリスクがあるのでテイクアウトにして、テイクアウトにしたものの食べる場所がなくて駐車場で食べたパスタ。ニンニクのきいたトマトソース味が忘れられません(笑)。
コロナが終息して、去年はそうだったそうだった!と笑って来年話したい。

オードリーとオードリーの周りの皆様にとって、2021年が幸多き年になりますように。

温めお願いします!

今週最終回だった『この恋あたためますか』、見ましたか?
今日は見た人にしかわからない内容で失礼します!

このタイトル、コンビニで「あたためますか?」って聞いてくれる、そのフレーズに
かけているんでしょうか?

って、最終回が終わって気が付きました。

クリスマスが24日でも25日でも私はどっちでもいいなぁなんて思いながらも、
まこっちゃんのカッコよさに、「あたためおねがいします!」です。

まこっちゃんがNANGAのダウンを着ていたのも好印象!
それから個人的にあんまり好きじゃなかった北川さんが、めちゃくちゃ魅力的でした。

それだけ言いたかった!

メリークリスマス



我が家にサンタがやってきた!

ステイホームでサイレントナイト

おじさんとおばさんのクリスマスだけど、ショートケーキぐらい買ってこよう!と思い立ち、夕方いざ近所のお菓子屋さんへ。
外へ出たついでにポストをチェック

すると、そこにあったものは!!??

baby santa

きゃ~可愛すぎる!
クリスマスイブに、こんなにかわいいBABYサンタがうちにやってきた~~!!!

かつてお仕事ご一緒したMさんからのクリスマスカード!感激です。
ママになってHAPPYがハガキからあふれてるように見えるのは聖夜だから!??嬉しすぎる~!!と飛び出しました。

どこへ?

どこへ?って、お菓子屋さんへ。

そして、超ハイテンションで買ったのは、、、。

いよっ、メリークリスマス!
S__39075845.jpg

ショートケーキのつもりが、4号のホールになりました~。
だってとっても嬉しかったんだもの。

誕生日でもないけど付いてたのでキャンドルに火もつけて。
なんか、場が持たないからクリスマスソングまで歌って(笑)。

でも、おじさんとおばさん、ペロリと食べちゃったサイレントナイト。

えっ!そうなんですか!!出発前でよかった~

明日からの打ち合わせのために前日入りする予定でいた本日、午後から出発だからゆっくりしていた午前中に電話。

同じく打ち合わせに参加する予定の方が、濃厚接触者になって自宅待機になってしまったという連絡でした!
結局打ち合わせは延期に。

これ、どんなに気を付けていても今の状況ではだれにも可能性がありますね、完全にSTAY HOMEしていない限り。
そんなわけで、粛々と飛行機とホテルをキャンセル。

出発前でよかった~~~。

そうそう、一足先にホテル宛て旅立ったスーツケースを呼び戻さなければ(笑)





クロス貼DIYのその後のご報告

だいぶ前にYちゃんから写真が届いていました!完成したと。

Yちゃんクロス張り完成写真

最初無地のクロスを貼っていて、そのあと無地のクロスがボーダー柄になるように、柄のクロスを上から貼ったのだと理解。
(間違ってたら教えて!)

柄のクロスは水で溶いた糊につけておいて絞ってから貼るらしく、これ、結構大変だったんだろうな。
どこにもないオンリーワンのデザイン、素敵です。

「余ったので試しに」と、こんな写真も届きました。
余ったので試しに

電気のスイッチプレートですねぇ。
これ、真似しやすいですね。ちょっとやってみようかなって思っちゃった。

ちなみにYちゃん宅は、2部屋の間の壁をぶち抜いて一部屋にしているので、この完成した面と同じ面積の反対側の壁もあるんですねぇ(笑)。

「長い道のり、がんばります!」というコメントで、報告は締められていました。
楽しみにしてま~す!

白状します!もう、どうしても我慢できなかったんです、、。

インテリアクラブのアドバンスコースの皆さんにお声がけして、お酒を楽しむ会を企画。

リフォームした実棟がそのままリフォームの展示場として見学できる『リライフ』という家を会場に、ランチとおしゃべりを楽しむ会、名づけて『サマランチ』ってのを企画してとっても楽しかったので、その第二弾のナイト編。今度はサマンサんちでお酒を楽しみながら。名づけて『サマナイト』。

名まえはどうでもいいんですが(笑)、このサマナイト、構想期間が長すぎて、「やりま~す」とお声がけして一回開催したところでコロナの時代に突入。幻の企画となってしまいました。その唯一の一回目用に用意周到に銘酒を送り本人は当日用事ができてこれなくなってしまった(のか、計画だけで消えてしまった幻の二回目用だったのか、もう記憶が定かではありませんが)、とにかく、Nさんから届いたこの日本酒を、「サマンサが飲んで楽しんでくださいね~」と言われても、私は絶対Nさんと一緒に飲もう!と
冷やし続けていたのです。

それなのに、それなのに、、、。

すいません、前書きがながくなっちゃったけど、飲んじゃったっていう告白です(笑)。

いやぁ~、めちゃくちゃおいしい酒でした。
お酒って個人個人の好みがあるので一概に美味しいと言われているお酒が自分好みかっていうと、そうでないことも多々あり、私の場合、ストライクゾーンが日本酒に関しては結構小さく、純米大吟醸はマスト(贅沢!)。それ以上はうまく説明できないので割愛しますが、とにかくこれはど真ん中の「ストライ~ク」!!

その名は『Kiss of Fire』。
『常きげん』でお馴染みの石川県の鹿野酒造が輸出用に作った銘柄らしく、ルイヴィトンのニューイヤーパーティーやノーベル賞のナイトキャップパーティーでも使われて大絶賛された日本酒(だそうです!)。そんな難しいウンチク話なしに、とにかく美味しかった~。感動レベルです。

kiss of fire
こっそりネットで調べたお値段も感動的な金額でした!

あ~、やっぱりこういう美味しいお酒を美味しい肴と共に、おしゃべりしながら一緒に飲みたいですね。
2021年が、そんな年になってくれるよう、祈りを込めて飲みました。

その折はとっておきの銘酒を用意しますので、Nさんはじめ日本酒党の皆さん、一緒に楽しみましょう。
Nさん、素晴らしい日本酒、ありがとうございました。

ユニットバスの大掃除

実家にいる間にユニットバスの大掃除。

2018年にリフォームしてリクシルの新しいユニットバスになりました。
まだきれいですが、やっぱり水回りはまめに掃除をすればするほどきれいに保たれますね。

なかなか日々の生活でじっくり掃除できる時間はないので、たまに帰る身として実家孝行の大掃除です。
掃除をしようと思ったら、姉に「浴槽のエプロンってどう外すの?テレビで外して洗った方がいいって見たたから。」と言われました。
エプロン(エプロンとは浴槽の洗い場側の側面)を外すなんていう発想が全くなかったのでこれにはびっくり!「それは外せないと思うよ。」と答えましたが、気になって取説を探すと、それらと一緒にお手入れガイド(正式な名前は違ったような気がしますがこんな感じのもの)が出てきました。

早速見てみると、、
ユニットバス掃除ガイド

あらぁ、エプロンもカウンターも外せるんですね!機種にもよるようですが、実家のタイプは外せるようです!
(すいません、コーディネーターなのにこんなことも知らなかった~)

それでは実践あるのみ!!!

カウンターを外してエプロンを外します。
案外簡単でした。

外して洗い終わったところがこれ。
ユニットバス掃除ビフォア1
左側の壁についた三つの部品にカウンターが固定されます。

ユニットバス掃除ビフォア2
浴槽の側面に見えるのは点検口。これは素人は触らず表面の汚れを取るのみ、念のため。

そして洗い終わって元に戻しました。
ユニットバス掃除アフター

エプロンの床に近い部分と、カウンターの裏側、結構汚れていました。カウンターの裏側は取らないと見えないから汚れには気づかない場所ですね。取らないと汚れも見えないし洗えない。
今回姉の一言で気が付いてよかった!

まぁ、でも年に1~2回くらいでいいんだろうな。
お手入れガイドってどこをどの程度の頻度で何を使ってどんな風に掃除すればいいか、詳しく書いてあってびっくり。家を建てたりリフォームする時はもの選びって真剣になるけど、建ってしまったらそのあとのメンテナンスってずずっとテンションが落ちがち。しかし、メーカーサイドはここまで細かくフォローしてくれているんだから、いかに良い状態で使い続けるかはエンドユーザー次第なんだ!と実感しました。

いつものように掃除するつもりがどっぷりユニットバスと対峙した実家孝行、勉強になりました!




姉の日記はサスペンス

蔵の片付け、続編です。

私のもの以外にも、姉の子供時代のものもザクザク発掘!
小学校時代の日記帳は、歴史的な価値もあり(非常に狭い範囲で)、読み物としても味わい深いものでした。
(保護者の皆様、お子さんの日記は是非、大きくなるまで保管してあげてください。将来、めちゃくちゃ笑えますから。)

一番の傑作は、母の実家に泊まりで訪れた数日を書いた長編。
もちろん私も準主役的な役どころで登場しています!
さてさて、どんな話かというと、「いとこたちと遊んだ後、妹と二人で庭で遊んでいたら、おじいちゃんの植木の枝を折ってしまった。」という、初代アメリカ合衆国大統領のジョージ・ワシントンか!っていう内容。

ジョージは素直に謝って、その正直さを誉められましたが、私の姉は、ジョージではありませんでした。
それ以降、母の実家での滞在期間中、おじいちゃんに怒られるのをひたすらおびえて過ごします(笑)。
おじいちゃんに話しかけられて『いよいよ怒られる!』と思ったら怒られず、『気づかれていないのか』と安堵。

しかし、ここに邪魔者が一人。
それは唯一の目撃者、妹です!!

ジャジャジャジャーン~、ジャジャジャジャーン~(火曜サスペンスで流れる効果音)

危ない、私!!

姉の日記には、こんな風に書いてありました。
「私が枝を折ったのを知っている妹がだれかにしゃべらないか心配で、ずっと妹の近くにいました。」

母と私、それからこの傑作の著者と三人で大爆笑です。

結局日記は父が車で迎えに来て家に帰ったと、あっさりと終わっていました。
反省も、はたまた「逃げ切れてよかった」も、「妹がだれにも言わないでいてくれて偉かった」もなしです(笑)。

だけど、「おじいちゃんごめん」も反省の弁もなくこんなに自分に素直に書いたってのが、姉の性格の良さを如実に表していると、絶壁から海に突き落とされなかった妹は思うのです。

40年前へタイムトリップ



先日用事があって久しぶりに実家に帰省しました。
帰った時にやるように言われていたのが実家の伏魔殿である蔵の二階にある私の荷物の整理。
姉がかなり不用品を処分してくれましたが、私のものが出てきたそうで。

さて、それは蔵の二階の一番奥。昔の衣類なんだろうと思っていたら、それ以外にも通信簿、小中高の卒業アルバムなどなど、ザクザク出てきました。
まずいっ!一番厄介なものシリーズだ~!!

こういうのって、最終的に処分するにしても、一通り目を通そうと思ってしまうわけで、それは、これからかなりの時間タイムトリップすることになることを意味しており、そんなことをグタグタ考えながらまずは手っ取り早く白黒つけられる古い衣類をゴミ袋に入れては運び出し、それが終わって、いよいよ覚悟を決めましたっ。

小学校、中学校と短めにタイムトリップ~
次は高校。バレー部の部活ノートなんかが出てきちゃって、先生や先輩マネージャーのコメントが書かれてたりする交換日記方式で、もう40年(キャー!!)も前のことなのに、あっという間に白球を追う高校生に。青春だけど、いろんなことに悩んで反省してがんばって、あ~重苦しいよ~(笑)。
卒業アルバムはちらりと見てポイって処分できたけど、汗と涙の染み込んだ部活ノートはとりあえず持ち帰りました(笑)。

そして、びっくりしたのが手紙です。
高校卒業後進路が分かれ、こんなにたくさんの友人と手紙のやり取りをしていたのか!と驚きました。
ハワイにある短大に行ったので、エアメールの封筒が沢山。
今、学生時代の友人はほんの数人という認識だったけど、当時はうれしいことに違ったんだ~。
それから一通り全部目を通したけれど、内容の薄さに失笑です(笑)。高校卒業して、それぞれがそれぞれの進路に進んで学校がどうだとか、同級生だった○○君がどうしたとか、彼氏が欲しいとか、まぁ、それは良しとしても、聖子ちゃんが郷ひろみと別れたとか、そのあとすぐに婚約したとか(笑)。
当時は手紙が届くと嬉しくて、読んで一喜一憂したのだろうけど。

今、メールやラインで友達と簡単にやり取りができるけれど、ほんの、ほんのじゃないか?(笑)、いや、ほんのちょっと前はお気に入りの便せんを買って手書きの文字の手紙の世界だったんですよね。これってほんとにタイムトリップです!

しかし、こういう作業って心揺さぶられ手が止まりがちですが、手紙の内容の薄さもあって(笑)、比較的さっさっと作業を終えました。

あらかた片付いたころにふと思いました。
なぜ、これらが蔵の二階にあるのか?
勝手に捨てられないからと、母がせっせと片づけてくれたんだろうなぁ。これだけのものを母屋から蔵の二階に運ぶのは相当大変な作業だろうに。
ありがたいです。





今日から12月なのだ~!

確かに『もう秋というより冬だね』って感じてはいましたが、12月とは!
早すぎませんか!?(笑)
コロナの第三波の勢いがすごすぎて、びくびくの今日この頃。

GOTOトラベルが問題になっていますが、これ、たくさん人が行きそうなところに行くから問題なんですよね。
確かに秋には紅葉を見に行きたい、せっかく○○に来たのだから人気のお店で美味しいもの食べなくちゃ損!って感じでみんなが思うから怖いくらいの密になってます。

そこで提案!
人の行かないところに行こうキャンペーン!!
例えば、これからの季節は、海水浴で有名な町へ。それも誰も泊まらなそうな宿へ。
人が少なければリスクも少ないからリラックスして旅を楽しめます。

これは極端な話だけれど、政府がどうこうじゃなくて、旅行者と受け入れ側がもっと真剣に工夫すればほんとにお得な旅ができるのにと思います。今までと同じ感覚で長蛇の列に並んでお店で食事するのは怖すぎるし、怖いって思ってないことが怖い。
お店も予約制にするとか、整理券を渡して席が空いたら携帯に電話するとか、コロナ対策って入口に消毒スプレー置くだけじゃなくて、そういうとこまで考えるってことなんじゃないかなと感じました。

先日、うどん屋さんに入ったら、席を半減してディスタンスを保てるようにして営業してました。お店の人との接点も最小に徹底していて、安心できました。好感度上がりました。


あっ、思い出した!ムカッとしたこと。必要最低限の外出時、怖いなって思うことに出くわすとホントに腹が立つんですよ。

先日出張で行った出雲空港から市内への移動のためのバスの乗車券の自販機!
新しいものにかわって電子マネーが使えるようになったのはいいが、余計な画面が多すぎて、並んでいる人ほぼ全員が、一回では買えずにやり直し、密を避けてやっと飛行機を降りたと思ったら長蛇の列。
こういうの、やめてほしいです。
自販機は自販機らしく、「これでよいですか?よかったら次へ」なんて画面、いりません!!