初雪

最終便で帰ってきたら、ホームタウンは雪でした。

降っては解ける湿雪、今シーズンの初雪でした。

一瞬嬉しく、でも、大変なことにならないか心配になる雪。

早起きできたら里山の雪景色がみられるかな、、、なんて、できそうにないことに思いを馳せて、寝ます。
スポンサーサイト



ここ、行ってきました。

2019出雲大社1

まだ行ってなかったので、お昼休みにここへ。

2019出雲大社2

2019初詣、遅まきながら、しっかり参拝してきました。
そう、ここです。

2019出雲大社3

鳥居の色、こんな色だった?と思ったら、平成30年10月にかけ替えているようです。
といっても、前がどんな色だったか?と聞かれても困ります(笑)。

快晴の平日、人も少なく参拝日。
体にいつの間にかこびりついてた汚れがすっきり落ちたような、すがすがしい気持ちになりました!

今年の秋にオープンします

秋にオープン予定のモデルハウスの打ち合わせ。

もちろん『洗濯は洗って干してしまう』は最短距離で。
お母さんからしっかり見えるところにスタティーコーナー。
吹き抜けは大きいほうがいい。
・・・・・

プランを確定するのはもう少しかかりそうです。
秋にオープンできるのか!?

プランが確定してから着工するまで諸々時間が必要で、、、、お尻に軽く火が付いた今日この頃です。

全豪、サッカー、大相撲、そして初陣

錦織圭は残念だったけど、大阪なおみ、全豪オープン優勝おめでとう!

負ける気しなかったけど、決まるまでドキドキでした。

テニスでもー大変なのに、アジアカップ!
森保JAPAN 、知らない人多すぎ!
(何せ、にわかファンなので)

で、そうこう言ってるうちに千秋楽!
貴景勝残念!遠藤残念!

もー忙しいなぁなんて言ってるうちに、遅まきながら2019サマンサ初陣なり。
今年の初出張は島根県。
スロースタートの今年、オフは大阪のようにはシェイプアップできてませんが、たっぷり充電しましたよ。
ベストを尽くしてがんばります!

すっかり「アスリート気分のサマンサなのでした(笑)。


タイルは楽し!

トイレカウンター上タイル

昨年オープンしたモデルハウスのトイレの手洗いカウンターです。
立ち上がり部分は水撥ねが気にならないようタイルを30センチくらい貼ることをよく提案します。

タイルって色も柄もいろいろありますが、最近はほんとに形もバラエティーに富んでいます。
ユニークな形ほどうまく納まるようにプランするのが難しいけど魅力的なんだなぁ。

アメリカの姉へ

お姉さん、昨日のブログ、驚かせてしまったようですね。
こちらはあなたのコメントに爆笑してしまいました。

『日本全国すべてがインフルエンザにかかってるってこと?‼』

そんなはずはなくて、かかっている人が多いから「警戒してください」ってことですので安心してください。


それからこの前の電車の広告へのコメント、
『今どきの日本の広告は日本語の下に英語と中国語と韓国語が書いてあるんだね。』

そうなのよ、東京オリンピックの影響もあるのでしょうが、地下鉄の行き先表記も同様です。
温泉にいくと、温泉の入り方がイラストと外国語表記で描いてあるのも目にします。
外国人観光客、増えました!

もう一つ、ちょっと前のブログコメントで、
『ところで本丸って何?』っていうのもくくっと笑えました。

お城の一番中央の大切な部分のことで、比喩的に最重要個所のことをそう表現します。


日本から離れて住んでいる目で見たコメントに、ハッとさせられたり笑ったり。
単に「そんなことも知らないの~」ってこともいろいろありますが(笑)、私の知らないこともいっぱい知っているわけで。
今後もコメント楽しみにしています。



今更ですが

日本地図が真っ赤になっているのを見て、今更ながら行ってきました、



インフルエンザの予防接種。


インフルエンザ流行レベルマップ
(国立感染症研究所HPより)

インフルエンザ流行レベルマップが「警戒」レベルの赤一色になってしまいましたね。
これは怖い!
今シーズンは行き損ねてもう打たなくていいかな、、、なんて思っていましたが。

頼みの綱はR-1。
流行りものにはのらない社長さんが「これは効果あり!」というのを聞いて、それから毎日ではないけれど、継続してちょこちょこ飲んでます。加糖ヨーグルトは罪悪感がありますが、これはインフルエンザの予防のためなのでねぇ、仕方なく(笑)-なんて言い訳できるところが続いている秘訣。

予防接種とR-1で、インフルエンザの猛威から逃げ切りたい!逃げ切るぞ!!

2月第一土日は特価市!

セルコホーム金沢の年に2回の特価市が2月2、3日の土日に交遊舎(JR野々市駅の隣)にて開催します。

↓チラシ、お手元にお持ちの方がほとんどだと思いますが、念のため。
2019冬特価市ちらし

近々にリフォームしたい方は絶対、数年先にと思っている方も行かれることをおススメします。
いろんなメーカーの商品情報を一か所で得られますからね。もちろんメーカーの担当者もスタンバってくれてるので、わからないことを直接質問できますし。
それからなにかと来場者特典があるので、実際にリフォームするならお得感ありですよ。

個人的にぜひ活用してほしいなと思うのは、耐震断熱コーナー。
どちらかというとマイナーかもしれませんが、断熱はリフォームの際に検討すべき、その後の住み心地に大きく影響するポイントです。
これ、実家のリフォームを経験してホントに思います。これでトータルコストは上がりましたがやってよかった、やらない決断をしなかった自分を誉めてあげたいくらいです(笑)。
でも、断熱の話って、ショールームがあるわけではないし、情報収集って難しいです。
リフォームを考えている方は、このコーナーで担当者をつかまえて、とことん質問してほしいなぁと思います。

セルコホームは断熱性能の非常に高い高気密高断熱住宅なので、リフォームについてもその情報力は他より優れていると思います。私も去年相談しました。

詳しくは↓を。
あったかさだけじゃない断熱材

確かに!

20190123電車広告

ちょっと光って見えにくいかもしれませんが、、、。
左と右と、「同じくらい迷惑」という車内のマナー広告。

確かに!!

なんていい日なんでしょう!

最近見つけた近所のカフェ。

窓側の席から公園が見えます。

年配の女性とその娘さんと思われる二人連れがゆっくりと入ってきました。
常連さんらしく、お店の人にあいさつして席に座ると、とっても優し声でゆっくりと、
年配の方が言いました。

「最高だわ、なんていい日なんでしょう!」
「なんて素敵なんでしょう!」

そしてコーヒーを飲んで、
「おいしいね~」

その喜びに満ちた言葉がとっても素敵で、『年を取ったらあの方のようになれたらすてきだな』と思いながら、コーヒーがさらに美味しくなった気がするのでした。

すると、娘さんが「おかあさん、もう少し小さな声で話しましょう。周りの人に迷惑だから」と優しい声で言いました。

とっさに、「全然迷惑じゃぁありません。とっても素敵です!」と言っている自分がいました。

少し耳が遠い年配の方が、娘さんから私が言ったことの説明を聞いて、「ありがとうございます。わたし、95歳です。」とにっこり笑ってくれました。その笑顔のまた素敵なこと。


またあの店でお会いできたらいいなぁ。
幸せをおすそ分けしてもらったような素敵な時間でした。

間取りとライフスタイル

floor plan

アメリカの住宅雑誌を見ていたらこんなフロアプランがのっていました。
コンパクトなプランなので、参考になりますね。

一方、住宅の間取りを見るとライフスタイルの違いが歴然とわかります。
まず、玄関のドアは内開き。そして上がり框なし。
一階のゲストパウダーにはシャワー付き。多目的ルームが寝室やゲストルームになった時にはこのバスルームを使うということなのでしょう。LDKはワンルームで大きなアイランドがあります。でもこのあたりは日本の最近のプランでもよくあるスタイルかな。大きな違いは感じません。キッチンの横にパントリー(収納スペース)があるのが嬉しい。

2階は主寝室と子供部屋が3つ。欧米ではバスルーム(バスタブかシャワールーム、洗面、トイレ)は寝室とセットなので、バスルームも2階です。主寝室に一つと、3つの子供部屋に対して一つのバスルーム。日本的な間取りにかえるなら、主寝室のバスルームは書斎かWICに、現状のWICは洗面側から使えるスペースとしてランドリースペースかな。そんな風にプランを頭の中で少しづつ変えてみるのも楽しいです。

恒例の新年会



毎年恒例のミクニでの新年会。
年々「恒例」が嬉しくなりました。

毎年同じ一月に同じ場所で同じようにおいしいお料理を食べながら楽しい時間を過ごす。
こういうの、いいなぁと思います。

帰りに幹事が来年の予約をしていました。

新しいものも刺激的ですが、同じものも愛おしいです。

バリアフリーとストレッチ

母に電話をしたら、「大丈夫だったんだけど」という前置きで、出かけた先で敷居につまずいて転んだという話が。
ぎょっとしたけどけがなど何もなかったとのこと、ほっとしました。

それで、母が言いたかったことは二つ。

①リフォームしてもうすっかりつまずくような段差がない家に住んでるけど、敷居とかいう危ない段差ってあったわね、前は。そういう場所も外ではあるから気を付けなければ。(盛って書いてます)

②長年続けてきたヨガ体操のお陰で、けつまずいて転んでも、とっさに受け身をとって無傷であった!体操をやってきた成果!!

けつまずいても嬉しそうな声でした。
何事もなくてよかった、よかった。

新しいカタログ

先日新しいタイルのカタログが届きました。
2019年版です。

かつては新しいカタログが届くのが嬉しかったけれど、今は微妙です。

商品を覚えて見やすくなったころに新しいものに替えないで(笑)!
一年のサイクルでは短すぎます~。
3年ごとでいいくらいです。

インテリア商材を扱う企業の皆様、そんな感じでいかがでしょうか?

50代の一コーディーネーターより

自宅のリフォーム、相談のります

移動の途中に入ったカフェ。
隣のテーブルに女性二人。
聞いてるつもりはないけど聞こえる話。

どうやらリフォームするらしい。

ほぼスケルトン状態にして、、、
だけど見積もりが○○万で、、、
これは聞いたけど、よくわからなかった、、、

『インテリアクラブに行ったらいいのに、、』と心の中で思う私。
だいぶ遠いですが(笑)。

もちろん、何も言わずに席を後にしましたが、少なからずお役に立てそうな気がしました。

プランニングだけでなくて、何をどうリフォームするか、方法はいろいろ。
何もわからないのが普通だから、そんなことをざっくばらんに相談したい。

私もそう思ったもの、切実に。

そんな時は、とりあえず、声かけてください。
少しはお役に立てると思います。

モズのような強さが欲しい!

20191モズ

遊歩道の木の上で自分のシマを見張っているモズ(♀)。
モズは秋の初めに縄張り争いをして、一羽ぼっちで冬を過ごすらしいのですが、その縄張り争いはなんと、男女問わず、ハンデなし(当たり前か!)ってことを知ってびっくり。

なんと過酷なモズの世界よ!

サッカーも野球も水泳も、男女関係なく戦うのは厳しすぎますー。



そんなことはいいから仕事、仕事!!

あと一歩の詰め

そう、あと一歩の詰めが甘いんです。
あと2部屋なのに。

なぜ、選んでおかなかったのか、壁紙。
あとトイレと洗面脱衣室の壁紙選んじゃえば、とっくに仕様書を送れてたのに!


かつて小学生の時に、漢字のドリル一冊を、自分で計画していついつまでに終わらせて提出という宿題がでました。『一番に提出したい!』と、家に帰ってからわき目もふらず俄然張り切って、あと一歩というところで力尽きました。その反動で、数日間は一ページもできず過ぎ、やっと終えて提出した日には、着実に毎日頑張った子たちが何人も提出していました。ぶっちぎりで一位だったはずなのにーーーーと、一人悔しかったことなんの!(笑)。

競争はないけれど、同じことやってますねぇ、成長がない(笑)。
いやいや、初日のスタートダッシュは小学生の自分に絶対負けてます。

スタートダッシュのパワーがダウンした分も含め、計画性というものを、今年こそ身につけられないものだろうか?

成人の日の誓い



成人の日。
個人的には縁遠い祝日ですが、この日のニュースは毎年ショッキングです。
そうそう、去年は「はれのひ」事件もありました。

今年も派手な着物を着た新成人男性が騒いでいましたねぇ。
綿入りのちゃんちゃんこみたいなのを着てましたが、あれ、かっこいいのでしょうか?

自分が20歳の時には振袖を着たいという思いが全くなかったので、ニュースに出てくるあれだけユニークな新成人男女が着物で勝負するってとこがすごいというか、わかりません。ある意味、私なんかよりずっと日本の伝統を大切に思っている人たちなわけで、そこがすごいなと。誰より目立ちたいならウエディングドレスを着るとか、洋の選択肢もあると思うけれど、そっちにはいかないわけで。(実際にはあるのかもしれませんが。)


そうは言っても着物は好きです。
なかなか着るチャンスもないし、そもそもどうやっても残念ながら似合わないので縁遠くなりがちですが、こんな野望はもっています!

死ぬまでに見たい洋館の最高傑作
お客様にいただいたこの本、東京、神奈川あたりの洋館が載っています。
「着物を着て洋館巡りをしよう!」

この本をいただいたのはもう数年前ですが、いまだ一か所も実現せず。
というか、着物を着ないで行っているところはあるんですが。

そうそう、成人の日にせっかく思い出したんだから、今年は最低1回は実行したいと思います!
(ココロザシ、低っ!)

元気でいてね。

ここ半年くらい、ずっと具合が悪そうなのが気になっていました。
ちょっと動くとすぐ疲れてしまうあなたのことが心配でした。
自分で家に戻れないほど調子の悪いことも度々あったので、、、。



そんなルンバがバッテリーを新しいものに交換して、超元気になりました!
以前よりパワーアップして、絶好調。
今までにない切れのいい動き!

わたしはあなたがカーペットに描く軌跡が好きです。
無駄に何度も往復しているあなたの動きが大好きです。
静かになったなと思ったら、ちゃっかり家に戻って充電している、そんなところがかわいいのです。

元気なあなたが大好きです。

(*ルンバは電動自動掃除機です、念のため。)

今年はちょくちょく歩きます!

20191手賀沼

連日快晴続きのLA(千葉)です。
夜になって今年初めての小雨が降りました。

木々の向こうに輝く水辺。
大好きな近くの公園の景色です。

近くなのに、忙しくなると遠くなります。
実はそれほど時間はかからないのに「散歩なんてしている時間がない」って心の余裕がなくなっちゃうんですね。

今年はそうならないようにしたいなぁと、スロースタートの2019年の年のはじめに思います。

大吉と中吉

2019イノシシ

実家のリフォームでお世話になった、ギャラリー水嶋さんから素敵なお年賀をいただきました。

小さな陶器のイノシシ、お腹の中になんとおみくじ付き。
母と二人でと、2匹いただいて、さっそく二人で開けてみると、、、、。

私が中吉。「いいこといっぱい」
これで中吉?大満足!

そして母は大吉!「いいことだらけ」
なるほど、いいこといっぱいより上があるのか?と思ったけど、いいことだらけとは、こりゃめでたい!

楽しいお年賀をありがとうございました。

「新しいは素敵」と偉い人

リフォームを終えた実家に帰省した時の『することリスト』が大体ルーティーン化してきました。母が日頃手が届いていない部分の掃除なのですが、どこも新しいので掃除が楽。苦労なく短時間できれいになります。古い家の時は、掃除が大変でやっても思うようにきれいにならないから帰省して掃除しようなんて気になった試しがなかったけれど、リフォームしたら、「きれいを保ちたい」という気持ちが自然と目覚めるんですねぇ。人が変わったように今は、働く、働く(笑)!

特に住宅設備の進化を感じるのはユニットバス。
新しいお風呂は、まめに掃除しなくてもきれいです。たすかるなぁ、これ。すばらしい!
高齢者にとってお風呂の掃除は大変ですからね。
給湯リモコンの使い方、風呂の栓の閉め方、換気扇や浴室暖房のスイッチなど、お風呂に入るための新機能が沢山あるのだから、それをクリアしてお風呂に入るだけで拍手ものです。
その上に、掃除のための、排水の部分の取り外し方、取り外したものの取り付け方、、、これらも簡単になっているとはいえ、そこまではTOO MUCHだと感じます。

今回は時間があったので、お風呂の入口の2連引戸の桟の部分の汚れが気になり、細かくて面倒だけど掃除しようと思ったら、なんとびっくり!

桟が取り外しできるんですね!

風呂引戸桟1

↑取り外したところです。取り外したら、なんて掃除が簡単なんでしょう!それに外すのもはめるのも簡単、ただ置くだけです。
『そんなことも知らなかったの?』と言われそうですが、はい、自分自身では、最新式のユニットバスを使っていないので、お掃除方法までは知識がありませんでした。

そして、お掃除を終えて元に戻すとこの通り。↓

風呂引戸桟2

いやーん、奥様、なんて簡単!すばらしい。
メーカーの開発努力、称賛に値しますね!


ところでこの快適なお風呂に、父はさてさて、入っているのか?というと、極めて少ない頻度で入っているようです。

先日、担当のケアマネージャーが家に来てくださって、その時にお風呂に入っているか聞かれたそうです。
父は「滑るから入らない」と答えたそうで、もう使わないのでしまっておいた滑り止めマット(仮住まいのアパートの浴室が滑るのが怖いというので買ったもの)が再登場となりました。
この話を母から聞いて、『ああ、そういうことか!』と、父の深層心理がわかったような気がしました。そして、「前回はまんまと引っかかったが今回はそうはいかないよ」とも。(←ハードボイルドな娘)

父の生活ぶりを垣間見ていると、普通に少しの距離を歩いて移動する、ちょっとのものをもって運ぶ、こういうことも億劫なんだろうと感じます。早い時間に夕食を済ますと、早々に自分の部屋のベッドに入ってテレビを見ています。もう、動きたくない。別に汗もかいてないし汚れていないから風呂にははいらなくてもいい。朝、体を拭けばいい。(←その気持ちもわかります。)

でも、ケアマネージャーに聞かれたら、そんなことは間違っても言いたくない。自分は入る用意はいつでもあるが、何しろ風呂が滑るのはよくない。自分のような思慮深い人間は、危機管理能力が高いから、危ないことはやらないのだ。馬鹿な奴らは何も考えずに行動してけがをするのだ。自分が現役のころは、そういうことは部下に徹底して教育したものだ。今のものはなっていない。そんなことも誰もわかっていないよ。、、、と毎度の自慢話がリピートされる。
 
ってわけで、風呂が滑るってのは、エクスキューズなんだと思った次第です。
確かに、新しい浴槽は白くてつるつるしてきれいだから、そんな印象を持つだろうなぁとは思いますが、それにかこつけている割合の方が圧倒的に大きいだろうと。

毎日自分で起きて着替えてご飯を食べて、トイレに行き、車も運転し、新聞を読み、たまには風呂にも入る。88歳でほんとに頑張っています。浜松のおばさんが言ったとおり、偉いです。
偉いんだけど、母がまだ目を通していな朝刊の自分の気に入った記事を切り取り、気に入らない記事にはマジックで×を書く、そういうゴーイングマイウェイ、ほんとにまわりが“えらい”です。


お二人との別れ

LAのインテリアデザイナーの大先輩のジャックが、今月に入ってお亡くなりになった訃報が届きました。
95歳のバースディパーティーにLAの自宅に伺いましたが、それから早8年、103歳だったのかな。

朝食はオートミール、朝のウォーキングをかかさない、健康に気を配って何事にも好奇心旺盛で、私のつまらぬ仕事の悩みを聞いてくれたりほめてくれたり、とってもインテリアデザイナーとしてのステイタスの高い方なのに、同じ目線で接してくれる、心優しい方でした。毎年アジアのどこかの国に一人旅して、面白い写真をクリスマスカードにして送ってくれる、遠い存在のはずなのに、気の置けない友達のように気さくな方でした。

ジャックさん、お別れは遠くない日に訪れるだろうと思っていましたが、逝ってしまうととっても寂しいです。
ジャックさんからいろんなことを教わりました。感謝の気持ちでいっぱいです。


それからもうお一人、悲しい知らせがありました。
実家の電気工事を担当してくださっていた方が、大みそかにお亡くなりになったと。
工事が終わった後も追加でもろもろ見てもらった関係で、とってもお世話になった方でした。
治療にJRで遠方の病院に通っているので、実家はJRの駅前なのでその帰りに途中下車して残工事をしてくださったこともありました。
まだ40代かな、無念だったろうなと思います。
でも、あんなに素敵な方だから、ほどなく新しい生を受けて、きらきらと輝くだろうと思います。


2019冬、実家の室温やいかに??

新年あけて初めての実家です。
JR東海道線で見える富士山のきれいなこと!
雲一つない雪をかぶった富士山。

そこまで言って写真なし。
結構電車も混んでたもので、、、、。

久々の実家。
いままでなかった断熱材が入りインナーサッシも入った最初の冬、室内はどんなかんじなのか確認するのも楽しみに向かいました。

まず、静岡はあたたかい!
LA(千葉)よりやっぱりあたたかい。

それから室内、全然寒くない!!というか、熱くも寒くもなく快適。
エアコンを「快適運転」にしてたらいいよと伝えていたのですが、これでとても快適な22℃に保たれていました。
廊下は2階からの影響もあり21時台の室温は16℃。でもしかし、以前とは雲泥の差。
総じて、「考えられない快適さ」です。
(2階の廊下の窓は、古いカーテンを取っ払った状態なので、新たに窓物を設置すれば多少なりとも寒さ対策になるかと思います。次回の課題となりました。)

「なんの変化もありゃしません」的に普通に過ごしている母に、
「ねぇ、ねぇ、リフォームする前はこんなにあったかくなかったよね!?というか、寒かったよね!?」と再確認。

「ああ、そうだね」と気のない返事。
過去を振り返らない人なのでした。いいんです、今が快適だってことだから。

20191格子

久々に見る格子。玄関ドアも格子のデザインで、暗くなってから外から見たら、明かりが漏れてきれいでした。
でも玄関の中の電気をつけっぱなしにすることってないので、なんだか残念だなぁなんてしばし家を見てました。

まずは脇を固めます!

お正月休みモードが終わって、今日から普通のウィークディがスタートしました。
私も今日から仕事スタート!でもその前に、やっぱり片付けしたほうが作業効率がいいってことで、
なぜかずーっとやりたかったクロゼットの整理を。
棚のレイアウトを替えて、服をたたみなおしながら色別に整理。
シャツはシャツ、TシャツはTシャツではなくて、黒、グレイ、ブルー、ピンク、というふうに。
自分の服の色のバランスがよくわかってなんか、テンションも上がります。

ってとこで、本日タイムアップです。
なかなか本丸は遠いですねぇ。

冬の散歩

二羽のスズメ

遊歩道をカメラを持って散歩。
鳥がいないかなぁと上を見ながら。

いたいた!
「なんだスズメか」って名前なんじゃないかと思うほど、そう呼ばれるスズメ。
よく見ると、ほっぺが黒くて愛嬌があります。

家に戻ってきたら、庭の雪柳が一つ、ぽつりと咲いていました。
狂い咲きのユキヤナギ

ちょっとホクっとなりました。

今年最初のセッティングは写真展

2019写真展

無事セッティング、終えました。
市の生涯学習センターのロビーの展示スペースにこんな風にボードが飾られました。
90センチ角のボードを2枚縦につなげて展示しているのですが、こんな風に制作中は広げて見るスペースはなく、晴れて広い場所で引きで全体を見ることができてジーンと嬉しくなりました。

っとそこに、「ここ、建物の名称が違うよ~」

「すいません~。修正します~。」


修正し終えて早々に風呂に入り、ボディークリームをしっかり塗って(笑)、のんだ冷酒のおいしいこと!

年越しのお楽しみ

里山保全のボランティアの会の写真展が、2年連続、一月お正月休み明けから開催です。

そういうわけで、写真展担当の私は年越しのお楽しみで、展示ボードをひたすら作成しています。
去年は8枚でしたが、今年は増量して14枚!かな?
里山の風景や植物や生き物を紹介する写真展ですが、ついついインテリアクラブのクリスマスパーティーのように、クイズのボードを作っちゃたりするもんだから、自分で自分の首を絞めています(笑)。
でも、インテリアのクイズと違って、「この虫はなんでしょう?」っていう問題は作れても、答えがさっぱりわかりません(笑)。

答えの欄は白紙にして、明日の設営時に虫博士たちに聞くとしよう。

明日の設営が無事終わったら、おいしい日本酒を冷で飲みたい!
ラストスパート、がんばります。

『我が家で新年会』、やっていました。

新年のごあいさつで遅ればせながら実家に電話。

明るい声で「今、友達がきてくれているの」と母。
近所の仲良し友達との新年会、「うちでやったら?」ということで皆さんお集りのようです。

いいじゃない、いいじゃない、こういうの!
ビフォー時代には考えられない出来事ですよ。

年末にも親戚の方々が訪れてくれたそうです。
こういうニュース、ほんとに嬉しい。

今頃電話した後ろめたさなんて一気に吹っ飛んじゃって、
思いがけずお年玉をもらったような晴れ晴れとした気持ちです。

郵便配達、ご苦労様です。

2019ポストマン

ポストの上に、郵便配達の方への感謝の言葉を置きました。
家にあった起き上がりこぼしちゃんを添えて。
(新年なので寿の文字←祝箸の袋の上部 も一緒に)

これ、マーサから教えてもらったアイデアです。

でも置くところがポストの上しかないので、目線より上の高さ。
果たして郵便配達の方が見てくれるのか?(笑)
sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR