パン部門もあったんです!

今日のブログは前回のスイーツの続きです。

実は、クッキー&ケーキの他にもパン部門もあったのです。
従妹がパンを焼く人なので、パン部門も追加発注!
大きな姉の名前入りのカンパーニュを何度かトライを重ね、完成させてくれました。

65D9DC56-B037-44C2-945C-ADDA0F33736D.jpg
直径25センチくらいはありそうです。

これ、イチジクやナッツがざっくざく!
S__8740870.jpg

これも「風味があってとってもおいしかった!」と姉からレポートが届きました。
日持ちもするようだし、これはお祝いパンとしてとってもいいなぁと思いました!

誕生日や入学祝などに、「私も作って~」って方、いらっしゃたらブログ拍手コメントください。従妹を紹介いたします!

ちなみに、軽い気持ちで「ヨガポーズのパンも作って~」って言ったら、これが結構難しいんですねぇ。
試行錯誤を繰り返し、なんとも憎めないポーズ君たちがいっぱい!

ヨガポーズパン

これはクリスマスツリーの飾りクッキーのような材料で作っていて食べられないけどずっと飾って置けるものだそうで、このポーズ君たちも姉はとても喜んでくれました。

今日から4月。ほんとにあたたかくなりました。
庭にはスイセン、チューリップ、ハナニラ、山吹の花々が咲いています。
新年度スタート、フレッシュな気持ちで元気にいきましょう!

スイーツが人を幸せにする力ってすごい!



祝一周年!

何の一周年かというと、姉の帰国一周年です。
ほんとは2月なのですが、1月に還暦の誕生日を迎えたお祝いも兼ねてスイーツでお祝いしようと思い立ち、パティシエになりたての従妹の娘のMちゃんに発注。仕事で忙しいなか、お休みの日に家族みんなも手伝って作ってくれました。

私のオーダーは、姉が周りの人に配れるように5種類のクッキーの詰め合わせを20ケ。一つは「帰ってきてくれて一年お疲れ様でしたありがとう」の気持ちを込めた祝一周年クッキー。二つ目は還暦祝いに60の文字を書いたクッキー。それから母と野菜作りも楽しんでいるので野菜をモチーフにしたクッキー2枚。もう一枚は、アサギマダラ(蝶)が旅の途中に立ち寄ってくれるように食草のフジバカマを花壇に植えたと言っていたので、チョウの形のクッキー。

残念ながら私は現物を見られませんでしたが、出来上がった写真を送ってくれました。そのクッキーがアートです!
S__8781849.jpg
大根のしわと葉の二色使い!大根、かわいすぎる~。

S__8740884S.jpg
かぼちゃは種まで描いてある~!

そして、圧巻は、、、
S__8740883.jpg
「アサギマダラだー!」と叫んでしまった(笑) 雰囲気出てる~!!

それらを割れないようにラッピングも気を配ってこんな形に仕上げてくれました!
S__8740900.jpg

これで終わりではありません!
ガトーショコラもホールでオーダーしてたのでした。太っ腹~サマンサ~。
それにはヨガ講師の姉が好きな言葉、日日是好日をもじった『日日是ヨガ好日』を英訳したセンテンスを表記してほしいとリクエストしたら、クッキーに書いて添えてくれました。
S__8757254.jpg

これらを仕上げて、姉と公園で待ち合わせして手渡してくれました。
母や叔母もマスクして参加。
私は家からリモート参加!
従妹の気の利いた段取りで、サプライズ祝賀会となりました。

姉大感激!
極秘ミッション、大成功です。

「ガトーショコラ、濃厚で美味しかった!」と感想が届きました。
「クッキーはもったいなくて食べられない!」そうです。
私もそう思います。
そうそう、「私の分一袋取っといて!」とお願いしたのは言うまでもありません(笑)。

あげる人も、作る人も、作るの手伝ってくれた人も、もらった人も、それをまたもらった人も、みんなハッピーな気持ちにしてくれるスイーツの力ってすごい!
とっても甘~いハッピーな一日でした♡

実家のトイレに翻弄された一日

朝、姉から電話が。珍しい。
母は元気なので、あまり心配なく電話に出ました。

あっ、今日の話は下ネタ(いわゆる下ネタじゃくて)なので、これから食事あるいは食事中の方はスキップしてください。
それから、赤裸々な介護話でもあるので、そういうのがダメな方もスキップでお願いします。


「お母さんが朝トイレに入ったら、トイレが詰まっちゃた!(薄笑い)」
ということで、トイレつまりにはラバーカップ、通称スッポンの技を伝授。
去年くらいに同じことが起こり、弟が何度やっても無理という中、「私がやってみる!」とスッポンを手に取り、いざ、スッポン!!
一発でトイレつまりを直した経験をもとに、電話でアドバイス。

母は、流れないので困り果て、誰にも見つからないうちにどうにかしようとバケツで水を流したり、いろいろやってたそうで、、、
しかしどうにもこうにもどうにもならずだったそうで。

スッポンの極意を伝授された姉は、その後1000回くらい(と後で言っていた)トライし続け力尽き、電話とラインで打つ手を相談しながらまず、近所の浄化槽業者さんに連絡。浄化槽とは関係ないけど毎月点検に来てくれているので連絡すると、すぐに見に来てくれたそうです。が、しかし、まったく流れる気配なしで、「便器を外さなくちゃいけないかも」と言われたそうで、そのあと、3年前にリフォームした工務店大工さんに連絡。大工さんはそんなに近くではないけれど、「工事した水道業者に連絡したが、遠くの現場にいて今すぐ行けないので、とにかく私が高圧ホースをもって一時間くらいで行きます」と向かってくれたそうで、本当にこういうアフターの対応ってありがたいです。

そして大工さんが到着するまでに、姉と私はラインで大方の犯人の特定を終えていました。
姉:「これはお母さんの○○〇じゃないね。」
私:「リフォームして基礎から作り直しているから無理な配管なんてしてるはずがないから異物としか考えられない。これだけやって流れないなんて、〇〇〇なら人間のものじゃないよ! おやじのパッド(尿漏れ)だね!!」
姉:「そうかもね。靴下かもよ。」

とこの時点でもうお昼近くに。
離れていても、こっちも落ち着きませんよ、流れるまでは!

そのあとの姉のラインに、私は椅子からずり落ちそうになりました。
「今日はお昼にカレーにしようと思ったけど食欲ないよ。」
悪いけど、面白すぎておなか抱えて笑いました。

でも心底思うのは、姉がいてくれてよかった!ということ。
母一人だったら途方に暮れていただろうなと。

姉からもこんなラインが。
”かなり一人で頑張って対処しようとしていたみたい。私がいろいろ頑張ってやってる時も「私のせいですいません」と言って心配してずっと後ろに立っていた。「いくらなんでもこれはお母さんの○○〇じゃないよ」と言って笑った。”


その後、大工さんが登場して奮闘してくれ、しかし、結果は大工さんの手ではどうにもならずで、知り合いの水道業者ですぐ来れる人を探してくれ、来てくれる目途が付いたのが午後三時。

15:46 姉:「今、水道屋さんが到着しました!」
16:07 姉:「出てきた!」

!!!

16:08 私:「何が!!?」
 ・
 ・
 ・

『そこで終わらないでよ~~!』
と電話をし、事の顛末を聞きました。

おしまい



なんてね(笑) 
結末は、こうでした。
水道業者さんの持ってきたスッポンの数百倍(←適当です)くらいのパワーの業務用の道具を使って、素晴らしい吸水力で膨れ上がって配管を完全に塞いでいた尿漏れパッドを見事に取り除くことができたそうです。尿漏れパッドの吸水力、おそるべし。(でもじゃぁなんで漏れるんでしょうか、、、、。いや、それは別の話か。)

その後、せっかくだからと高圧洗浄もしてもらい、代金も安くしてもらったそうで、姉の安堵の声が聞けたのが17時まえ。
私も一日ハラハラドキドキでした。

ところがまだ、終わっていなかった!

17:16 姉「お湯が出なくなってしまった!給湯器リモコンの運転ボタンを押しても点かない。」

え~! こういうのって、なんで続いて起こるのでしょうか!!!
でも、わたしももう疲れました。

「取説、見てください!」
「一応大工さんにも電話してみたら?」

程なく姉から、大工さんが諸々試すために外のコンセントを使うために給湯機のコンセントを外したまま帰ってしまっていたことがわかり、平謝りだったと連絡があり、いやぁ、駆け付けて水道業者さんが来て無事解決するまで立ち会ってくれていた大工さんには本当に感謝なわけで、「取説読むのがさすがにもう面倒で、大工さんにすぐ電話してよかった!」という姉と二人、僭越ながら敢闘賞を授与したいと存じます。
たまたまそのタイミングでトイレに入ってしまったばっかりに、自分の○○〇が原因でとんでもないことをして周りに迷惑をかけまくってしまった張本人だと思い込んで半日以上過ごした母の心境や、いかばかりだったでしょうか。そんな母には殊勲賞を贈りたいと思います(笑)。
残る技能賞は、当然のことながら、水道業者さんですね。プロとはいえ、ありがたい!さすがです。

そして、まぁ、もう、あぁ、一人忘れている人がいましたね。
真犯人には注意するよう姉が伝えたものと思います。
悪気があったわけではないので犯人扱いするのも可哀そうは可哀そうなわけでねぇ。

でも、皆が八方手を尽くして水道業者さんを待っている時に、「スッポンでなぜやらないんだ!サマンサはそれで直したぞ。」と記憶力も問題なく(!)いつもの調子で言い放ったと聞くと、一応しっかり「犯人はあなたです!」と伝えたいと思っちゃうなぁ、心の狭い娘としては。


これをきっかけにネットでいろいろ調べてみると、こういうケース、多いようです。
気付かずに落ちてしまって自動洗浄で流れて詰まるって、容易に想像できます。
自動洗浄をオフにすると姉は言っていましたが、何か良い対処法をご存知の方がいらっしゃたらぜひ教えてください!

長くなりました!
これにて実家の『尿漏れパッド捕物帳』、 一 件 落 着 !!








昨日の続きです。まさかこんな展開になるとは!

姉のアカペラの「あ~やんなっちゃった」音源を繰り返しきいていたら、忘れていたことを思い出しました。

そう、私はウクレレを持っていた!
遠い昔、ハワイでも習ったし、近い昔、近所のカフェの、コーヒー付きのウクレレ教室にエントリーしたのでした(確かブログにも書いた!)。エントリーしたその後は、、、、え~、程なく方向性の違いで(笑)、脱落。

「あ~やんなっちゃった」は超簡単な3つのコードで弾けることがネット検索でわかり、おもむろに長らくリビングの隅に置きっぱなしだったウクレレのカバーを開きました。
何年振りだろう!チューナーはもちろん電池切れ。ネットでチューニングの音を聞きながら音合わせ。
シャカシャカ練習して、いざ、スマホで初レコーディング!

いやぁ~、ミュージシャンの大変さがわかりました~(爆)!
弾きながら歌うって、なんと難しい!!
でも、誰にも何も求められてないのでテイク3くらいで「OK~!」。

さっそく姉に送ったところ、「ウクレレ弾けたの~!?」と予想を遥かに超える絶賛コメント。
「この歌のためにウクレレ持ってたんじゃない??」と言われ、それ以外にどこかで弾いたこともないしそもそも弾けると言えるレベルじゃないことを考えると、それは正しいのかもとも思うわけで(笑)。

そんなこんなでウクレレブームに火がついて、ユーチューブで練習する一日となりました。

ちなみに送ったウクレレ伴奏つきサマンサバージョンの「あーやんなっちゃった」は母にも大受けだったそうで、喜んでもらえてやった甲斐があったというもんです!
どうしても聞いてみたいという方がいらっしゃいましたら、データを送りますのでご一報ください(笑)。




「今日はこんな歌を歌い続ける一日でした」

「今日はこんな歌を歌い続ける一日でした。」という姉からのライン。

どんな歌かと思ったら、
「牧伸二の”あ~やんなっちゃった”の曲で歌ってください」
と替え歌の詩が送られてきました。


(1番)
うちのじいさん よぼよぼ歩き
人の話は聞こえない
まわりのことなど どうでもいい
自分勝手にやり放題
あ~やんなっちゃった
あ~おどろいた


(2番)
健康優良児も88歳
過去は出勤 今は失禁
開き直って 空威張り
「感謝の言葉? なんだ、それ!?」
あ~やんなっちゃった
あ~おどろいた


(3番)
朝は4時起き 冷蔵庫チェック
椅子に座って ドアは全開
ピーピーなっても聞こえない
食べ物探しに無我夢中
あ~やんなっちゃった
あ~おどろいた


猛烈に大変だったんだろうなぁ、あの頑固ジジイの世話が!
申し訳ない! 心苦しい! ただただありがたい! 

でも吹き出しましたよ~(笑)。
特に3番の歌詞は、光景が目に浮かびます!
車に乗っていた数年前までは、お気に入りのスーパーで食材の買い物をするのが楽しみだった父。
今は、家の冷蔵庫が父にとってのワンダーランドなんだろうなぁ。
、、なんて、感傷にふけっていられない日常がそこにはあるんです!(川平ジェイ風に)

姉が予定している食材を勝手に食べてしまったりするので父専用の冷蔵庫を購入したのに懲りずに早朝の誰も起きていない時間に現れる冷蔵庫荒らし。椅子を冷蔵庫の前まで持ってきて腰を下ろし、扉を目いっぱい観音開きにして、『閉めてください』警告音が鳴ってもおかまなく(聞こえない)延々と至福の時間を過ごす冷蔵庫荒らし。


そして翌朝、姉からライン。

今度は音声データだ!こんなの初めて!
タイトルは、『静岡のじいさん音頭』。

おー!!歌ってるよ~アカペラで~(大笑)!!!
それもしっかり3番まで。
おなかを抱えて笑いながらも、姉のはまった沼の深さを想像して呆然。
、、、、、

でも、やっぱり吹き出しましたよ~。

その後、「ヨガのインストラクターなんだから、これに体操の振りをつけたら?」となり、
動画が送られてくる日も遠くないと、待ち構えているサマンサです。


しかし、2~30年日本にいなかったから日本の歌謡曲なんか全然わからない姉が、小さいころに聞いた「あ~やんなっちゃった」は覚えていたという、牧伸二の偉大さを再認識した出来事でした。

暗い内容になっていたら申し訳ないので、写真を一枚添付します。
牧伸二の写真も冷蔵庫の写真もないので、うちの庭のメジロです。

メジロ

追記:
姉からこんなコメントも。
「歌でも歌って吹っ飛ばす!考えてたら楽しくなってきた!これ、お勧めします。」

うちの姉は、牧伸二よりも偉大です(笑)!!