完成に向けてカウントダウン!

918壁
壁塗り後の壁、こんな質感になりました。ぶつぶつしているのは下地の紙クロスに入っている細かい木のチップです。これが、いい感じのテクスチャーになっています。

いい感じばかりではないのが現実の厳しいところ。
撥水コートを塗った壁は、一日たってもこんな感じでしたーーー。
この場所をきれいに塗ってくれた母、叔母さん、ごめんなさーい。
918水回りかべ
ローラー使いに慣れてちょっとイケイケな気分でいたのがダメだったと反省。塗布する分量が多すぎたのだと思います。塗る材料が変わると感覚も違うからもっとローラーをしごいて少しづつ塗るべきでした。
とはいえ、ここは洗面カウンターの下になる部分なので、これでよしとしよう(笑)。←施主の仕業だから仕方ないよね~(笑)。

さて、壁塗り大会終了後は、急ピッチで完成に向かっています。
照明器具がつき、懸案の便器も取付完了です。
918照明付いた

918トイレ
実は、縦手摺の位置を便器の先から30センチの位置につけることを絶対に間違えないでほしいとずっと気にしていました。
便器のすぐ横についているのをよく見ますが、うちの場合は足の力の弱くなった父がヨイショと立ち上がるための手摺なので、前方にある手摺をつかって『てこの原理』でお尻を上げるという使い方を想定しています。このためには近すぎるとお尻が上がらないというわけです。これ、ケアマネージャーに便器や便座の相談をした際に教えていただきました。(住設メーカーのユニバーサルデザインのパンフにも載っています。)
壁から便器までの空間も、一般的な寸法より広め、便座の中心から壁までが50センチとしました。便器と壁の間の掃除もちょっと広い分しやすいと思います。(紙巻き器はカウンターの下についているので遠すぎることはありません。)
リモコンの位置も、「ちょっと恥ずかしいけど座りますね」と設置ほやほやの便器に座って最終確認。安心しました。
欲を言えばきりがないけれど、考えて、できる範囲でこうしようと思ったことが、形になりました。

タイル工事は立ち会えないのでタイル割の確認をして現場を後に。
タイル工事は言ってみれば、全くの私のわがまま。タイルに代わる水回りに強くて施工が簡単な建材は色々あります。だけどタイル、素敵なんですよね。工事に立ち会いたい気持ち満々だけど、一旦帰ってやることもありで昨晩帰宅しました。
今日無事貼られているんだろうなぁ。次回のお楽しみです。

今日も塗装職人の巻

15371883510.jpeg


養生テープを剥がしたときにクロスが薄く剥がれたところがあり、昨日につづいて本日も塗装職人に。

タッチアップのあとで、洗面のあたりの壁に撥水コートを塗ってみました。と言っても念のためカウンターの下になる部分だけ。水土社のIさんからローラーで塗れはオーケーと聞いていましたが、なんか、むらむらになってしまった!乾いたら大丈夫だろうという期待を込めて作業終了~。

今日は祝日ですが電気工事の職人さんと塗装やさんがもくもくと仕事してくれていました。

15371883700.jpeg


照明器具もつきました。嬉しい!
安価なものばかりですが、とにかく明るく、光の色は昼間つけても違和感のない温白色で選定。実際に点灯するのが楽しみです。

ゆっくり現場で作業できて幸せでした。

そうそう、今日は敬老の日。
母の買い物のアッシーでショッピングセンターに行ったついでに二人でマクドナルドでソフトクリーム休憩。母が一言、「敬老の日なのでソフトクリームを買ってもらいました!」。150円のソフトクリームですいません(笑)。でもおいしかったです。

一夜明けてなんときれいな!

腕が筋肉痛!という友人の山ちゃんと一緒に、昨日壁塗りを終えた現場へ。

うーん、昨日で終わってよかった!
気持ちが軽いです(笑)。

家の中に入って思わず叫びました。
「きれーーーい!」
二人で自画自賛の嵐(笑)。
午前中の爽やかな太陽光に照らされて、白い壁が輝いています~。

『欧米か!』って突っ込まれそうなリアクションの大きい二人。
でも、これって自分たちで塗ったから味わえる感動です。

一回りして、二度塗りしていないところや塗り忘れている細かいところを発見。
「ちょっとだけ、やりますか!」
おもむろに作業着に着替え、おばさん塗装屋に変身!

「ローラー使いが昨日よりスムーズになってきた!」と山ちゃん。
低いところ壁塗り
「壁塗りと聞いてこれは絶対いると思った!」と頭に巻く手ぬぐい持参。形から入ってすいすいと要領をつかみ、指導に来てくださったIさんが連れてきた弟子か?と思わせる仕事ぶり。二日目で何か、つかんだ様子です(笑)。

とそこに、「おうちの方、いらっしゃいますか?」と玄関から声が。
「敬老の日のお祝いを持ってきました」
静岡市からなのか、よく分かりませんが、お米5キロのプレゼント!二人分で二袋。

ひゃ~、粋なことしますねぇ。
かつて祖母が『祝長寿』とか刺繍されたタオルを頂いたことを思い出しました。お米の方が、百倍嬉しい!。

そんなやり取りをしていると、母も現場に登場。
昨日の疲れを感じさせない79歳、すごい!
せっかくだから、母の昨日の雄姿も紹介します。
母壁塗り
こんなやり取りをしながら作業しました。
「こんな感じで大丈夫???」
「お母さんが今塗っているところは洗濯機が置かれて何も見えなくなるから安心して塗って」
「あ~そう!(笑)」

さて、素人がマンパワーで力を発揮できたのは、黙々と働くこの方たちのおかげでした。
壁塗り天井

壁塗り高所

大工さんと塗装屋さんです。
天井や高いところはこのお二人と指導に来てくださったIさんが塗り進めてくれていました。私たちは手の届くところを手分けして追って進んでいけばよかったのです。

塗装屋さん、今日も来て、外部の仕事をしてくれていました。
壁塗り体験でぐっとシンパシーを感じるなぁ、師匠!日曜日なのにありがとう!

おばさん塗装屋の相棒の山ちゃんを見送って、午後から現場の片付けと掃除作業。壁塗り大会開催で現場の工程的には余計な作業もあったわけで、養生のごみの片付けや私が持ち込んだものの撤収、床の掃除なんかができて、とりあえずホッとしました。

さて、工事エリア外の2階ですが、一部だけ修繕工事でボードを張り替えました。この天井と壁も昨日塗り終えていました。
壁塗り2階
残った壁はベニヤ板貼りで、埃やなんかで相当汚れていました。水拭きすると、おそろしいほど雑巾が真っ黒に!母と二人で50年の汚れを三度拭きして一掃。

一階がきれいになればなるほど目についてくる2階の既存部分。
これ、きっと『リフォームあるある!』ではないでしょうか?
使用頻度が低くコストの問題もあるので手を付けないことにしましたが、『ついでにサッシの掃除だけでも追加で頼もうか、、、』とか、心は揺れていました。
でも、汚れていた壁をきれいに掃除して、『少しづつ自分たちで掃除していけばいい』と思えました。

今週は最終工程。トイレ洗面カウンター取り付け、タイル工事、床のタイルカーペット貼り、インナーサッシ取り付け、建具取り付け、、、。
外部のファサードも最終仕上に。
もう少し居残って、段取りの確認して帰りたいと思っています。






15371882890.jpeg

壁塗り大会、 大成功!

壁塗り大会3
あいにくの雨模様、朝8時に現場に到着。
程なく水土社のI代表が壁塗り大会の材料と道具類を乗せて到着!
朝早くからありがとうございます。

従妹が裏庭での休憩タイム用に、テントや氷を入れたクーラーボックス、イスやテーブルなどなど持ってきてくれました。
テントを組み立て、休憩場所設営。日よけでなくて雨よけで大活躍です。

さて、そのうちにIさんは準備を淡々と終え、10時よりだいぶ前に壁塗りスタートです。
塗り方のレクチャーを受け、おっかなびっくり塗りはじめ、「おっ、面白い!」とだんだん大胆に(笑)。

そうこうするうちに、K建築さん、H塗装さんと、心強い味方が到着。
阿吽の呼吸で足場をつくり、塗りにくい天井から塗り始めてくれています。

それから素人軍団も負けていません!
叔父叔母従妹と続々と到着し、早々に身支度して戦闘態勢に。
これ、叔母の戦闘態勢ショットです!
かべぬりやすえさん
目に塗料が入らないよう、ゴーグル着用です。

さて、この家の主も満を持して登場。そぞろそぞろと家の中へ。
来たからには、塗っていただきましょう。
壁塗り大会2

殿、お手塗りでございます。
はい、お疲れ様でした!
皆の邪魔にならないようにと短時間でしたが塗ってくれました。お父さん、その壁、テレビの後ろの壁になりますよ。ありがとうございました。

弟もしっかり外壁でなく、中の壁、塗ってくれました。
壁塗り大会1

家族も頑張りましたが、叔父叔母はじめ、ホントにうれしかったのは、いろんな方が来てくださったこと。

「10時スタートだから14時くらいには皆帰るのかなと思ったら、皆さんがっつり塗ってくれてびっくりしました。」と水土社のIさん。
11時前に一回塗り終えて早めの昼食、その間乾かして、昼食後に元気に2度目の塗りを皆でガンガンやって、明日残ったところを塗るつもりが、今日の早い時間に終了~!!

差し入れのおいしいスイーツと、駆け付けたバリスタのコーヒーで、楽しいおしゃべりタイムも楽しみました。
いやぁ、こんな豊かな時間、想像もしなかったなぁ。
陣中見舞いにきてくれた高校の恩師、バレー部の鬼監督なんだけど、「それを言ったら今はパワハラで大問題になっちゃう」と笑いを取り、もちろん、塗り壁の特徴について伺ったり、スイーツがおいしい!売れる!という声がさく裂したり、コーヒー旨い!お代わり欲しい!という声があったりの、にぎやかな楽しい時間でした。
壁塗り裏で休憩

壁塗り デザート

そして、2度塗りを完了した後、養生はがして作業終了!「2度塗りした壁、きれいだね~」とあちこちから声が。
皆で塗った一体感、それから達成感がハンパない!

ホントに皆さん、ありがとうございました。皆さんのおかげでほんとに楽しい壁塗り大会でした。
今朝まですっごく不安だったけど、最高に楽しい一日でした。

壁塗り大会魚眼





養生DAYの憂鬱

養生1

壁塗り大会前日、今日は養生作業日です。
大工さんが昨日勝手口側から始めてくれていたのでかなり助かりました。
母も興味津々で参戦。

20180914_122345.jpg

最強助っ人山ちゃんも大活躍です。
ベンチカウンター下は、一番小柄のコーディネーターSさんが腹ばいになって養生してくれました!
ほんとに感謝です。

叔父叔母も、脚立作業をものともせずマスキングテープを塗装部分と塗らない部分の境に貼り進んでくれました。

ここで、リフォーム始まって初めて父が現場入り。
こういう時に、まわりの人が喜ぶ言葉をかけないのが父。皆が来てくれていることがうれしいから終始笑顔ながら、、、「暗くなったなー」なんて言う???! 「撤収!」と叫びそうになりました。

実は現場に入る前に仮住まいのアパートに久々に寄りました。水回りはまめに掃除しないと汚れます。年を取って、汚れが見えにくく、においには鈍感になり、掃除の頻度も減るし、こびりついた汚れはさらに取れにくくなります。気付いた自分が掃除をすればいいのだけど、今日はがむしゃらに掃除して、ぐったりがっくりしてしまいました。

やっと古くて汚い家からきれいな家に生まれ変わる、もう少しというところで、きれいになってもあれよあれよという間に汚れてしまうのではないか?久々に実家に帰ってきたらがっかりしてしまうのではないか?そんなことが頭をよぎりました。

高齢者の住まいは、誰が掃除をするのでしょうか?
80になる母に掃除をしてとは言いにくいです。87の膝の悪い父にトイレは座ってと言っても難しいし。
できる範囲で家事サービスの会社のお掃除サポートを頼もうとも考えています。

だいぶ愚痴っぽくなっちゃいましたが、こんなイライラすることもリフォームの過程であるってこと、書いておこうと。

この話に関連しますが、「におい」が今回白竹炭の塗り壁を採用した一番大きな動機です。幸か不幸か住んでいる本人たちは何も感じない、「臭い」がありました。

しかし、今日養生作業を自分でやってみて、これは手間がかかる=コストがかかる、ということがよく分かりました。塗装下地壁紙をクロス屋さんに貼ってもらい、養生をして、壁を塗るという工程に対して、一般的な工程は、クロス工事で終わりです。住宅新築工事で塗装が減ってクロス工事が主になった理由がよく分かります。一方、だからあえてやりたかったという思いもあります。プラス面も大きいはずなので。それから、大工さんにも面倒なこといろいろ付き合ってもらっちゃってるなぁと心苦しい思いも。特に、職人さんに塗ってもらうのでなく『壁塗り大会』なんてねぇ(笑)。結局養生の準備をし、やり方を教え、できないところは自分でやるという作業が発生するわけで。大変です。あ~、ホントに申し訳ない! K建築さん、ありがとうございます。アホな施主ですいません!

明日はいよいよ本番!
ちょっと雨模様のようですが、いろんな人が集ってくれるイベント、精一杯楽しみたいと思います。楽しまなくちゃもったいない!

「明日は雨だから中止でしょ?」と、今日の今日まで外壁を塗るものと思っていたアホな弟の大活躍を期待です。
sidetitleプロフィールsidetitle

サマンサ@インテリアクラブ

Author:サマンサ@インテリアクラブ
全国津々浦々飛び回っているインテリアコーディネーターのサマンサです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフォローで更新情報がわかりますsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR