2021インテリアクラブ、リモートで始動!

今年のインテリアクラブはALL リモート。
ZOOMの活用も開始します。

それに先立っておうちでZOOMを使うための解説を、今年のスケジュールなどとともに郵送しました。
ZOOM参加は希望者のみですが、できれば皆さんにトライしてもらえたらいいなと思います。

第一回目は3月27日土曜日10時からです。
まだの方、まだ全然間に合いますので重い腰を上げて、やってみて!
解説は図付きで分かりやすいと思いますが、撃沈する方もいらっしゃると思います。
そういう方は遠慮なくサポートデスクにご連絡を!
担当岡本ができるまでサポートします!!
(岡本さん、よろしく!!)

帰ってきたらすぐ手洗い

帰宅したらすぐに手洗いできるような間取りや商品が考えられています。

玄関にあっても見栄えのよい手洗いの紹介ユーチューブがありましたのでご紹介します。

これをクリックして見てください。(音が出ます)

玄関手洗いカウンター

インフルエンザが激減していることからも、手洗いうがいの効果は偉大ですね。

最近のニュースで思うこと その2 今どきそんなことしてるの~!

去年じゃなかったかな?コロナ禍に賭けマージャンに参加していた検事長が辞任したのは。
元検事長は新聞記者だったけど、今度は明らかな利害関係者。忖度があったのかもしれませんが、そういう事情で行かざるを得ないという状況になってしまった?のかもしれませんが、行かないでよー。
高級手土産って高級生食パンってとこ、笑った。ほんとに高級って紙袋に書いてあったので。

自分の声だけど、言ったことは記憶にないって言い訳するのも聞くに堪えません。
こっちは国を動かす仕事をされている優秀な方々だと思っているんですから。

音声データってどうやって誰が録音したのか?
めちゃくちゃ知りたくてネット検索しました。
なるほど!おそるべし文春。

それから74,203円の接待に飛び火しましたが、高いワインを飲んだんでしょうね。
いやいや、国家公務員の倫理規程って厳格に守られているのだと思っていたけれど、あんまり気にしてないのかなと思ってしまう。

げんなりするようなニュースでした。

ちなみにうちの近くの高級食パン専門店、開店当初は流行ってたけど、どうなんだろう?と思っていたら、なんと、それほど遠くない場所にもう一店舗オープンしていました。これにはびっくり!
上から目線で「危ないんじゃない?クリームパンもあったらいいのに。」なんて適当なことを言っていました。失礼しました!!
接待のお土産人気???
いやいや、そんなニーズのあるエリアじゃないし(笑)。
そんなに売れてるのか、こっちは興味津々なニュースです。

じゃあ久々に(といっても二回目)、行ってみようかしら。

最近のニュースで思うこと その1 「会長を誰にする?オリンピック問題の不思議」

「東京オリンピックパラリンピック、どうなる???」
コロナ禍の状況はいまだ変わらず。
一年延期してよかったと思っていたけど一年後もこんなにリスクの大きい状況だとは。

そんな時に、にわかに起こった東京オリンピック組織委員会の会長問題。
やめるやめない、
やめる、次の人はこの人に
と思ったら、そんな密室での決め方はNGとなり、
そしたら女性がいいとか、若い人がいいとか

確かに女性のほうが事の経緯から新しい出発的イメージがありいいのかもしれないけど、
それってジェンダーフリー?って逆に思ってしまったり。

その後、会長を選ぶための委員会の委員を選考
、、、
、、、

おーい、どこへいくの~!?前に進むはずが、横に曲がってない?
オリンピックやるのかやらないのか、やるならどうやったら安全にできるのか、やらないならどうやって収めるのか、
とっても難しい問題が山積してるのに、山を迂回してませんか~。

生徒会長には副生徒会長が、県知事には副知事が、それからバイデン大統領にはカマラ・ハリス副大統領がいるでしょ。
そもそも副会長が会長になれば済む話じゃないの???
でも誰もそんなこと、言わないしなぁ、、、。
もっと複雑なんでしょうが。

素朴な疑問が頭をよぎる今日この頃です。

バレンタインのお楽しみはしみじみと何度も読む葉書

今年も届きました!この葉書。

先生からのはがき

バレンタインのスイーツのお礼の葉書です。

きっかけは忘れましたが、もうだいぶ前から大学時代のゼミの教授に毎年送っているスイーツ。
程なく届く、この手書きの葉書が楽しみで。

いつのころからか、多分この葉書をもらうために送っているような気さえします(笑)。
葉書の伝達力って、なにせ小さな書面だから、そうないと思いきや、先生のそれはさにあらず!
粋な時候の挨拶から始まって、大学の様子も含めた近況報告と、それから今年のスイーツを開けた時の感想といかに嬉しかったか、そして、私が今年も元気だということの安堵、、、。そんなこんなが小さな文字でびっしり書かれていて、それがなんとも温かいのです。

そろそろ先生退官だなと思っていたら、「コロナ禍で授業はすべてオンラインとなり、まさか退官の年にデジタルに挑戦するとは!」と書かれていました。そうか、学生だけじゃなく、教える側も大変な変革なんですよね。

「そんななかで、よくぞ、今年も忘れずに○○の銘品をお送り下さり感謝いたしています。」

そう言っていただくと、贈った甲斐があったというもんです!
先生のリアクション、好きだなぁ!嬉しい!

いや待てよ、私はそんなに親しくはなかった、学生時代は。
そう考えると不思議ですが、次は来月のホワイトディ。
どんなスイーツが届くかも楽しみですが、今度は私がお礼のはがきを出す番。
定型文でないお礼の葉書の価値を、先生から教わりました。

こういうのがほんとの贈り物って気がします。